ここから本文です

ベントレーが黒字転換、日本国内の新車販売は87.7%増と好調 2019年1-9月決算

11/1(金) 11:15配信

レスポンス

ベントレー(Bentley)は10月30日、2019年1~9月の決算を発表した。

同社の発表によると、1~9月の売上高は13億ユーロ(約1567億円)。前年同期の11億ユーロに対して、18.2%増と2桁増を達成する。

画像:ベントレーの主力車

また、2019年1~9月の営業利益は、6500万ユーロ(約78億円)。前年同期の1億3700万ユーロの赤字から、黒字転換を果たした。

黒字決算となった要因は、好調な新車販売にある。2019年1~9月の世界新車販売台数は、7224台。前年同期比は8.6%増だった。新型『コンチネンタルGT』と『コンチネンタルGTコンバーチブル』が牽引する。また、日本国内では1~9月、396台を販売。前年同期に対して、87.7%増と伸びている。

ベントレーは、経営効率化プログラムに関連するコスト削減や為替レートも、業績にプラスの効果を及ぼした、としている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:11/1(金) 11:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ