ここから本文です

ビートたけし東京五輪は「もう辞めた方がいい『五輪は返還、やんないよ』ってね」 米国TV局主導…“金まみれ”の現状指摘

11/1(金) 18:14配信

中日スポーツ

 タレントのビートたけし(72)が1日、東京・上野の国立科学博物館で行われた「特別展ミイラ~『永遠の命』を求めて」の内覧会に出席した。2020年東京五輪マラソン・競歩会場の札幌移転決定に言及し、「もう辞めた方がいい。『五輪は返還』ってね。『やんないよ』ってね」とたけし節をさく裂、笑いを誘った。

 混迷する東京五輪。ご意見番が「返還論」を説いた。「もう(1984年の)ロス五輪から怪しいと思っていたよ。五輪でも何でもねーよって。プロが出るようになってお金がものすごく動くようになって」。商業主義がスタートした大会。テレビの力が強くなった大会でもある。

 来年の8月開催も巨額の放映権料を払っている米国のTV局の意向があると言われている。9~10月は米国のメジャースポーツが開幕、終幕が重なっている。「米国のメジャーテレビが、はざまの時に五輪をやって稼ごうとしただけじゃねーかって。IOCというかJOCが黙ってOKしているのがおかしい」。舌鋒(ぜっぽう)鋭く選手ファーストではない“金まみれ”の現状を指摘した。

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」では古今亭志ん生役を演じており、皮肉を込めた“オチ”も忘れてはいなかった。トライアスロンの会場となる東京・お台場の海から基準値の2倍の大腸菌が、今年8月のテストイベントで検出された。

 「(マラソンを)北方領土でやれと誰かが言ったけど、東京ならトライアスロンが一番すごいよね。大腸菌2倍だから。そこを帰ってきたらまさしく鉄人レース」

 会心の皮肉に大きな笑い声も起こり、展示されたミイラも苦笑して見えるほど。また、全焼した首里城についても「スプリンクラーくらいつけろよっていう感じはある。おれはいつも思うけど…沖縄に対する予算をね。もっと援助するべきだと思うけどね。沖縄に米軍を任せててね。相変わらず沖縄を見捨てている気がするけどね」と語った。

 ミイラ展については「子どもにみてほしいね。第2、第3の吉村作治が出てくるかもしれない。(計43体も)よく運んだよ」と話した。同展は同所で2日から来年2月24日まで。

最終更新:11/1(金) 20:33
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事