ここから本文です

「煮麺」って、読める?寒くなったら食べたくなるアレ!

11/2(土) 20:10配信

CanCam.jp

すごく意外な読み方をする日本語って、世の中にたくさんありますよね。日常で見かける言葉でも、読めそうで読めないものが結構あります。
たとえば、「出会す」、「論う」、「強か」などは簡単な漢字なのになかなか読めません。
それから「月極」や「珪藻土」なども、あちこちで見かける割には読み方を意外と知らないものです。
そんな読めそうで読めない漢字クイズ。本日のお題は、コチラです。

「海栗」読める?寿司ネタにもなるもののこと!


「煮麺」。
この日本語、なんと読むか知っていますか?
読み方を聞けば「ああ、あれか~!」と納得してしまう人が多いかも。というのも、これは皆さんもご存知の、とある食べ物を指す言葉なのです。

その食べ物の特徴は、文字通り煮た麺類であること。小学館のデジタル大辞泉によれば、煮麺とは「ゆでたそうめんと具を醤油味のだし汁でさっと煮たもの」とのことです。

商品としてはひらがな表記されていることの方が多いので、漢字で書かれると読めなくなってしまう人も多そうです。最近はササッと作れるフリーズドライの状態で、コンビニでも見かけるようになりました。
……なんとなく、予想できましたか? では正解を見てみましょう。コチラです。


「煮麺」の読み方は「にゅうめん」でした。
この言葉、もともとは「にめん」と読まれていたものが「にゅうめん」に変化していったそうです(デジタル大辞泉より)。「にゅうめん」って、なんだか響きがかわいいですよね。

あったかくて優しい味わいの煮麺! 肌寒いこの時期、食べてみてはいかがでしょうか?(豊島オリカ)

最終更新:11/2(土) 20:10
CanCam.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事