ここから本文です

【doa インタビュー】シングルのつもりで作った曲の集まりだから密度とテンションが高い

2019/11/3(日) 12:02配信

OKMusic

コーラスワークを聴くだけでも楽しめるんじゃないかと思う

──そして、doaと言えばコーラスワーク! 聴き込んでいくとコーラスやハーモニーにも新たな発見がありました。

徳永:コーラスにはいろんなフォーメーションがあるんですけど、ロックチューンよりもコーラストラックは多いかもしれないですね。何十チャンネルも重ねているものもありますし。そういう意味では、コーラスワークを聴いてもらうだけでも楽しめるんじゃないかと思います。

吉本:それだけ歌うのが難しいんですよ。徳永さんがリードヴォーカルの曲は下ハモをほとんど僕が担当してるんですけど、“えっ、こんなところに行くの!?”みたいな。

大田:ちょっと変わっているしね。ハモっている感覚がないっていうか。

吉本:レコーディングしている時は、あまりハモっている感じがしないですね。最初はちゃんとハモれているのかも分からなくて…意外と複雑なメロディーを歌ってたりするんですよ。たぶん僕がリードヴォーカルの時は徳永さんがへんてこりんな…(笑)。

徳永:下ハモだと変なエスニックの曲みたいなメロディーになるんですよ(笑)。重ねると三声になるんで、ちょうどいいんですけどね。

──差し色みたいなものもいろいろ入ってますよね。

徳永:囁き系みたいなね。

大田:ああいうのはだいたい徳永くんがひとりで何十本も重ねてます。

徳永:ブースに入るとしばらくは出てこない(笑)。山下達郎さんやThe Beach Boysとかの多重録音によるコーラスが好きなので、とにかく重ねてみようと。

──“ここだけちょっとコーラスを入れてみて”というようなリクエストもあります?

大田:ありますよ。例えば「野の花」の《ずっと》の追っ掛けコーラスは僕が入れてるんですけど、“大田さん、ここに何か入れて”って言われたんですよ。あと、“エンディングで何か叫んで”や“イントロで何かやって”とか言われたり。だから、リードヴォーカルじゃない人がイントロで叫んでたりします(笑)。

──サウンド面に関してもうかがいたいのですが、以前に徳永さんは“音色の持つ物語性を大切にしている”とおっしゃっていましたよね。

徳永:イントロで景色を描くというか、“どこに連れて行けるか”みたいなものを作るのが好きなんですよ。だから、イントロだけを聴いてもらっても、それぞれに個性が出ていると思います。

──アウトロの余韻も絶妙です。

徳永:やりすぎない長さが好きなので、ちょっと足りないくらいで終わる…みたいな(笑)。“歌い切らない”とか“弾き切らない”というのは、いつも意識していますね。例えば「心のリズム飛び散るバタフライ」って実は3番まであったんですけど、2番の間奏終わりのサビ半分で終わるんです。作ってる最中に切っちゃったんですよ。通して聴いた時、感情の起伏が止まったあたりで切ったほうがいい感じがしたので。

──今作のリリースで3部作が揃ったわけですが、それらを“こんなふうに聴けばいいんじゃない?”というご提案があれば、ぜひ!

徳永:朝、昼、晩ですね。

吉本:なるほど。僕は…ちょっと時間を空けて聴いていただいたほうがいいかなと。

大田:これから冬になるので、バラードアルバムから聴いてもらうのがいいかなと思います。

取材:竹内美保

OKMusic編集部

2/2ページ

最終更新:2019/11/3(日) 12:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ