ここから本文です

【浦和・JBCスプリント】地元浦和のブルドッグボスが差し切りV! 地方馬勝利は史上2頭目/地方競馬レース結果

2019/11/4(月) 14:54配信

netkeiba.com

 4日、浦和競馬場で行われた第19回JBCスプリント(3歳上・JpnI・ダ1400m・1着賞金6000万円)は、中団後ろでレースを進めた御神本訓史騎手騎乗の6番人気ブルドッグボス(牡7、浦和・小久保智厩舎)が、早め先頭で押し切りを図った2番人気コパノキッキング(セ4、栗東・村山明厩舎)をゴール直前で差し切り、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分24秒9(重)。

 さらに3馬身差の3着に11番人気トロヴァオ(牡6、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。なお、3番人気ノブワイルド(牡7、浦和・小久保智厩舎)は5着、1番人気ミスターメロディ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)は6着に終わった。

 勝ったブルドッグボスは、父ダイワメジャー、母リファールカンヌ、その父デインヒルという血統。2007年のフジノウェーブ以来、史上2頭目となる地方所属馬によるJBCスプリント制覇を果たした。

最終更新:2019/11/4(月) 19:12
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事