ここから本文です

小池知事「五輪マラソン見るためマンション買った人もいる」にツッコミ殺到。札幌開催を受け

11/4(月) 12:26配信

BuzzFeed Japan

東京都の小池百合子知事は11月1日、東京オリンピックのマラソン・競歩の開催地が札幌に決まったと記者会見で発表したが、この際の知事の発言が注目を集めている。小池知事は、マラソン競技を心待ちにしていた人の中に「沿道にマンションを買った人」がいると紹介。この発言にSNS上では反発の声があがっているのだ。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

東京都、政府、大会組織委員会とIOC調整委員会の4者は11月1日、東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地を札幌に決めた。

4者会談後の記者会見で、小池知事は「合意なき決定」とIOCの姿勢に怒りを隠さなかった。

そのうえで、「マラソンを心待ちにしていた人たち」の声として、以下ような内容を紹介。IOCのコーツ調整委員長に「こういったこと」について伝えた、と明かした。

《この準備をしていただいてきた、また心待ちにしてきた、100万人を超すであろうと思われる、例えば、マラソンの競技のところで、中には、沿道でよく見えるコーヒーショップとかお店屋さんを予約しておられた方、都の職員も、中にもそういう方いらっしゃるし、

もっと言えば、それを見るためにマンションを買ったという人までいるんですね。一室を。そこの沿道が見えるからと。

そういったこともあるわけで、その気持ちは、ただアスリートファーストの一言だけでというのを、その方々に説明するというのは、なかなか大変であります。

そこをわかってくださいということで、都民の心情も含め、また、どれぐらいお金を投じてきたかも含め、数値的なこと、心情的なこと、こういったことについてもお伝えをしてきました》

マラソンを心待ちにしてきた人には、「コーヒーショップを予約していた都の職員」や、「マラソンを見るために沿道にマンションを買った」という人がいた、という説明だ。

ただ、この「マラソンを見るためにマンションを買った」という人の声について、Twitter上では「庶民と全く関係ない」「選手ファーストとは…」などという反発の声が殺到。批判を集めている。

1/2ページ

最終更新:11/4(月) 13:53
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事