ここから本文です

世界最小ハムスター「ロボロフスキー」が、ひたすら走っては飛ぶ姿が癒されると話題 「足の動きがツボ」

2019/11/4(月) 15:05配信

Hint-Pot

仲間一足が速い「ゼイン」くん 円盤型の回し車に何度も挑戦する動画

 動物達が一心不乱に食事をしたり、遊んだりしている様子は、見ているだけでとてもほっこりしますよね。家庭用ペットとしても人気の高いハムスターですが、その中でも少々珍しいロボロフスキーハムスターが、円盤型の回し車を回す様子が「いつまでも見ていられる」と話題になっています。

【動画】世界最小ハムスター「ロボロフスキー」がひたすら走っては飛ぶ! 姿に癒される実際の動画 「足の動きがツボです」

 ◇ ◇ ◇

 話題となったのは、まー86※(@mayu680310)さんが飼育する「ゼイン」くん。今年の8月10日に生まれた、ロボロフスキーハムスターの男の子です。この種は、ハムスターの中では最小と言われ、「人馴れしない観賞用」と言われているそう。ゼインくんもとても小さいだけあって、性格は臆病だけど優しい子なのだとか。

 そんなゼインくんがハマっているのは、円盤型の回し車。まー86さんはハムスター達を遊ばせる際、下には柔らかなクッションマット、側面は段ボールで囲い、安全対策と観察をしっかりと行い、細心の注意を払っているそうです。また、同じように回し車を使用させたいという方は、ハムスターの怪我防止の為、「安全対策と観察を必ず怠らず使用してほしい」と強調します。

 小さな身体で一生懸命、回し車の上を走るゼインくん。仲間の中でも特に足が速いゼインくんは、回し車が高速になっていき、振り落とされてしまうことも。しかし、飛んでいく感覚も楽しくて仕方がないのか、何度も何度も回し車に挑戦します。

 高速過ぎる足の動き、それに連動してプリプリと動く小さなおしり、徐々に飛ばされまいと回し車にしがみつくようになる様子など、見どころが満載。「何回飛ばされてもめげない姿が可愛くて癒やされます♪」「仕事帰りの疲れた頭に染みる~」「足の動きがツボです」と、多くの方から癒され報告が集まりました。

飼育のコツはYouTube動画を参考に!

 かわいすぎるハムスター達をたくさん飼っているまー86さんですが、実はハムスターを飼うのはまだまだ初心者なのだそう。飼育を始めたきっかけは、YouTubeのチャンネル「Hamster Cute Pet ChocoHamHam」が配信する動画。それを見てハムスターのかわいさを知り、初めてジャンガリアンハムスターを飼い始めたそうです。その後、本来は人になつくことがあまりなく、多頭飼いに向いていないと言われる、ゼインくん達ロボロフスキーハムスターを飼育し始めました。

 そのためまー86さんの飼育のこだわりは、YouTuberのChocoHamHamさんの動画から学んだことがほとんどなのだとか。ハムスター専用のお部屋で自由に散歩をさせたり、ハムスター達の気持ちを第一に極力人から触りに行くことはしないこと。嫌がる事、怖がることはせず、ストレスなく快適に暮らせるように気を付けているのだそう。特に臆病なロボロフスキーハムスターは、あちらから自然と近づいて来るのを待つようにすると、安心して人間にも慣れていってもらえるようです。

「飼育本もいいですが、実際経験されている方の動画がすごく参考になり、実際今12匹いますがほぼみんな“ベタ慣れ”状態です」とまー86さん。SNSでも度々話題となるかわいらしいハムスター達。これからも元気に仲良く暮らしていってくださいね。

※正しくはまー86のあとに2乗逆二等辺三角形が付きます。

Hint-Pot編集部

最終更新:2019/11/4(月) 16:03
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ