ここから本文です

アイドルユニット・ZOC、アイドルになりたくて病んだ過去を告白

11/4(月) 22:11配信

ニッポン放送

10月28日(月)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、2ndシングル『断捨離彼氏』を10月9日(水)に発売したアイドルユニット・ZOC(ゾック)から兎凪さやか、香椎かてぃ、そして番組アシスタントも務める西井万理那が出演し、アイドルになりたくて悩んだ過去について語った 。

不登校の経験など、様々なユニークな過去を持ったメンバーが所属する6人組アイドルユニットのZOC。香椎にも不登校の経験があるそうだが、その理由として、自身の深いアイドル愛があったのだという。

吉田尚記アナウンサー:香椎さんは、学校に行かなかったのはどうしてなんですか?

香椎:それは、アイドルになりたかったからです

西井:へぇ~!

兎凪:めっちゃピュア!

香椎:自分にとってアイドルになるために勉強は関係ないや、ってなっちゃって、そこから病んじゃって、不登校になりました

西井:わかる! 私もアイドルになりたくて病んじゃったから。勉強しないで別のことやってたんでしょ?

香椎:やってない

西井:やってないんかい!(笑)

また、兎凪にも同じく不登校の過去があったそうで、それについても話題に。兎凪が不登校となった背景には、香椎と違ってアイドルへの想いではなく、不登校への憧れなどがあったことを明かした。

ニッポン放送

最終更新:11/4(月) 22:11
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事