ここから本文です

静岡県で豚コレラワクチンの接種始まる 18日までに約9万5000頭が対象

11/4(月) 12:05配信

静岡朝日テレビ

豚コレラに感染したイノシシが相次いで見つかり、県は飼育されている豚を対象としたワクチンの接種を始めました。

県内では先月中旬以降、豚コレラに感染した野生イノシシが藤枝市の山中で5頭見つかっています。

きのうから始まったワクチンの接種は、拡大を抑えるため、県が農水省に要請していました。

豚コレラは、豚やイノシシ特有の伝染病で、人に感染することはなく、感染した肉を食べても問題はありませんが、感染が見つかった養豚場は飼育している豚をすべて殺処分することになっています。

県は18日までに、県内の養豚農家134戸で飼育している約9万5000頭の豚を対象にワクチンを接種する計画を承認しています。

最終更新:11/4(月) 12:05
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事