ここから本文です

通常の年とは「違う印象」 キャリア1戦レシステンシアの走り【ファンタジーS回顧】

11/4(月) 16:52配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 通常の年ならこの時点での完成度を問われる性格のレースとなるのだが、今年の結果を考えると少し違う印象を受ける。上位馬は、まだ成長途上ながら素質の高さで好走できたように思う。

 レシステンシアは、前半3ハロン33秒7のハイペースを2番手で追走し、直線を向くと先行勢が軒並み失速する中で楽に先頭に立ち、最後まで脚色に衰えを見せずに後続勢を封じた形。差し馬向きの流れだったことを考えれば、着差以上の強さであり、キャリア1戦でこれだけの走りを見せたのなら、当然、先々が楽しみになる。

 2着マジックキャッスルは、前半の流れが速かったこともあって中団の後ろでの追走となったが、やや脚を余しながらもなかなかの伸びを見せた。1400mでは少し忙しい感を受けただけに、やはりマイルくらいの距離の方がいい馬だろう。

 3着クリアサウンドは、上手な立ち回りができたのは、前走の新潟2歳Sでもそうだったが、それでも勝ち切れないタイプ。もうワンランクの成長を待ちたいところだ。

 4着ヤマカツマーメイドは、好位でロスのない競馬ができたが、その割にピリッとした脚は使えなかった。時計は前走から詰めているだけに、上位とは力の差もあったのだろう。

 5着ヒルノマリブは、課題のスタートが一息で後方から。展開が向いて差は詰めたが、上位を窺うほどの脚ではなかった。

 ケープコッドもスタートが一息。イレ込みはなかったが状態も今一つで力を発揮できなかった印象。ただ、やはり1200mでスピードを生かす形の競馬が理想だろう。

最終更新:11/4(月) 16:52
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事