ここから本文です

「いままで以上にエネルギッシュ」山口祐一郎主演ミュージカル、5度目の上演

11/5(火) 19:34配信

チケットぴあ

ロマン・ポランスキー監督映画『吸血鬼』をもとに、『エリザベート』の脚本家であるミヒャエル・クンツェが脚本・歌詞を手掛けたミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』が11月5日(火)、東京・帝国劇場で開幕する。初日を目前にした4日、主演の山口祐一郎をはじめ、出演者である神田沙也加、桜井玲香、相葉裕樹、東啓介、石川禅が会見で意気込みを語った。

物語はヴァンパイアの故郷・トランシルヴァニアを舞台に、欲望のままに生きるヴァンパイアのクロロック伯爵と、吸血鬼研究の権威・アブロンシウス教授の対決が描かれるのだが、個性豊かなキャラクターが観客の爆笑を誘っていく。だがコミカルな展開の中に時折、人生の深淵をのぞき込むようなセリフが鋭く差し込まれる哲学的な面もあり、一筋縄ではいかない中毒性を持つミュージカルだ。今回は4年ぶり5度目の上演。舞台セットが一新され、新鮮な『ダンス オブ ヴァンパイア』になっている。

2006年の日本初演より主役のクロロック伯爵役を務めているのがミュージカル界の帝王・山口祐一郎。唯一無二の存在感と深みのある歌声が“ヴァンパイアの伯爵”という非現実的な存在にぴったり、もはや日本版のクロロックはこの人しか考えられないという当たり役になっている。その山口は「ずっと皆さんに愛され、楽しんでいただいている作品ですが、今回のメンバーは今まで以上にエネルギッシュ。とってもチャーミングな作品になっていると思う」とアピール。敵役を務める石川は「島村抱月さんの言葉に『二元の道』というものがある。芸術性と大衆性を持ち合わせている作品は名作になる……というような意味ですが、この『ダンス オブ ヴァンパイア』はその芸術性と大衆性をしっかり持ち合わせた名作」と話した。

ヒロインのサラ、教授の助手アルフレートはそれぞれ神田と桜井、相葉と東のダブルキャスト。神田は2015-16年公演に続き2度目の出演で、ほかの3人は初出演だ。欲望のままに生きるヴァンパイアにちなみ「やめられない欲望」を聞かれ、それぞれ「チョコレート。朝起きて水分より先にチョコレートを口にするほど。元気が出ます」(神田)、「食べること。稽古で帰るのが遅くなって“今日は食べるのはやめよう”と思っても気づいたら家でひとりで鍋を始めていたりします」(桜井)、「やめようとも思っていないのですが(笑)、ペットと戯れること」(相葉)、「プライベートのカラオケ含め、歌を歌うことはやめられない」(東)と作品のキャラクター同様、個性豊かに答えていた。

11月27日(水)まで帝国劇場にて。チケットぴあでは11月7日(木)18:30、19日(火)13:30に半館貸切を実施。公演はその後愛知、福岡、大阪でも上演される。

最終更新:11/5(火) 19:34
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ