ここから本文です

青木理氏、「身の丈に合ったお店選び」飲食店従業員の投稿炎上に「世界中に発信出来る事を発信する前に踏みとどまって考えないと」

11/5(火) 8:52配信

スポーツ報知

 5日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、イタリア料理店の従業員がツイッターに「身の丈に合ったお店選び」などと投稿し、批判が殺到したことを特集した。

【写真】保田圭の夫はイタリア料理研究家の小崎陽一氏

 問題となったイタリア料理店ではディナーコースが約4000円程度だが、単品のみの注文も可能。客の親子2人がパスタ2品を注文したところ、従業員が前菜やメイン料理のオーダーを聞いたところ「2人ともあまりお腹が空いていないんですけど…」と返答があったという。その後、従業員がツイッターに「このセリフどう思いますか?」「身の丈にあったお店選びや来店前にでも予約するなどお客様も(食べる準備)をして頂きたいと思います」などと投稿したところ、批判の声や店に嫌がらせの電話が殺到したという。

 コメンテーターでジャーナリストの青木理氏(53)は「それぞれの言い分も分からなくはなくて。『1杯のかけそば』みたいないい話もあるので、お客さんの事情も分からないんだけれども」とした上で、「確かにコース料理の店で、パスタだけ頼まれると困るよねっていうのは分からなくはないんだけど、怒った店員さんの気持ちも分からなくはないんだけれど」と双方の言い分も分かるとした。

 続けて「それをツイッターに書いてしまう。SNSって今更言うまでもなく、素晴らしい面もあるんだけれど、誰でも世界中に発信できちゃうっていう。僕らのテレビで話している様な事と同じ事を、誰でもどこでもできちゃうっていう事の怖さみたいな事を、自分が発信する前に踏みとどまって考えないといけないですよね」と送信する前によく考える必要があるとした。

最終更新:11/5(火) 11:43
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ