ここから本文です

シンガーソングライター・加藤いづみが選ぶ「ももクロにカバーして欲しい名曲」

11/5(火) 17:11配信

TOKYO FM+

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる『知識+音楽のハイブリッドプログラム』。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

11月3日(日・祝)の放送では、シンガーソングライターの加藤いづみさんにももクロにカバーして欲しい楽曲を選んでいただきました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2019年11月3日(日・祝)放送より)

◆ももクロとの出会い

加藤いづみさんが初めてももクロと出会ったのはライブイベント『GIRLS' FACTORY』
加藤さんは司会兼・アーティストとして出演していました。

加藤:「労働讃歌」の頃だったと思うんですけど、何だろうこの子たち? って思ったんです。

かなこ:覚えてる!

加藤:衣装が特徴的だったんですよ。

かなこ:半袖半ズボンの省エネスーツに、頭にネクタイを巻いてて。

加藤:酔っ払ったサラリーマンみたいに巻いてたね。
そんないで立ちだから“大丈夫かな”って思ってたら、すごい元気が良くて明るいし、ライブはめちゃくちゃ盛り上がってるし、“何なんだこの子たち!”って思ったのが最初の印象ですね。忘れられないです。

清野:10代の頃ですよね。

れに:懐かしいね! その頃から知ってもらっているって、すごいことですよね。

かなこ:いづみさんもそうですけど『GIRLS' FACTORY』でいろんな方と初めて会って、今でもお世話になっている方がたくさんいるので、あのときは何もわからずにやっていたんですけど、今こうして繋がっているのは嬉しいなって思います!

清野:その頃から比べて、ももクロが成長している部分はありますか?

加藤:皆さん言うと思うんですけど、全然変わっていないんですよ。人懐っこい感じとか、わちゃわちゃしてる感じとか。改めて言うならば、変わってないというところが成長かなって思います。なくしてはいけないものを自分たちでも……わかってるのかな?

れに:どうだろうな~(笑)。

1/2ページ

最終更新:11/5(火) 17:11
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事