ここから本文です

ちぴちゃんこと近藤千尋が告白! ママ美容と女のコの育て方

11/5(火) 20:40配信

magacol

モデルやバラエティなど多方面で活躍する2歳の女のコママで、このたび第2子を出産した近藤千尋さん。“ちぴちゃん”の相性で親しまれ、感度の高い私服も注目の的でInstagram(@chipichan.1215)のフォロワーは10月時点で150万!  そんなちぴちゃんに「ママ美容と、姉妹の育て方」について話を聞きました。※インタビューは妊娠中に行いました。

ママ美容1

子育てで忙しいからこそ「SKII」で将来の肌に投資

肌が丈夫なのか、とくにスキンケアに力を入れなくてもトラブル知らずでしたが30歳を目前にテコ入れとしてSKIIを使い始めたところ肌を褒められることが劇的に増えました。一緒に使っている夫も「メークさんに肌を褒められる」と喜んでいます (笑)。普段はシンプルなスキンケアのみですが、撮影前など気合いを入れたい日は『ホワイトニング ソース ダーム・リバイラル マスク』を。髪の毛を乾かす間などすきま時間に出来て、洗い流さずにそのまま寝られるのでママにぴったりです。

紫外線対策になるからいつでも「サングラス」

紫外線対策にサングラスは必需品。服は地味な色合いが多いのでサングラスで色を入れることが多く、ファッションの一部としても欠かせません。気に入ったものは長く使うタイプで、セリーヌのサングラスはそれぞれ2年、4年愛用しています。レイバンは夫とお揃いで夫婦の定番。最近、長女も置いてあるのをかけて「写真を撮って」と言ってきたり興味津々です。身近なところから、おしゃれを楽しむ姿勢は受け継いでいきたいと思っています。

ちぴちゃん流子育てについて

娘に伝えたいと思っているのが“愛嬌”の大切さ

たとえば“悪いことをしたら謝る”のは当たり前ですが、言葉だけでなく両手を合わせて「ごめんね♪」と言われた方がクスっと笑えてすぐに許せてしまうかも。そんな風に人に愛される言い方や伝え方を実践させるうちに最近は、大人が集まる現場を去る時には「バイバイ」と投げキスをするようになりました(笑)。子どもが苦手という人にも可愛がってもらえたり今のところ成果は上々。つんつんしないで笑顔でいればピンチの時も誰かが助けてくれるはず。人生をもっと楽しむためにも愛嬌という求心力を身につけてほしいと思っています。

1/2ページ

最終更新:11/5(火) 20:40
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事