ここから本文です

具志堅用高の壁は高いが…井上尚弥VSドネア注目される視聴率 ボクシング世界戦の過去最高は43・2%

11/5(火) 21:55配信

中日スポーツ

◇ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 【山崎照朝コラム】井上尚弥、26歳。ノニト・ドネア、36歳。5階級を極めたドネアも全盛期の勢いはないのか。玄人筋は序盤KOで尚弥圧勝の予想が多い。ドネアは「一族郎党」11人を引き連れての観光気分に見えなくもない。だが、百戦錬磨の貫禄は際立つ。チケットの即日完売に「それだけ注目されていることは分かっている」と風格を漂わせる。

 井上も「この一戦が今後の自分を左右する」とすごみのある練習を重ねてきた。アマ7冠を手に、プロでもいかんなく実力を発揮。「モンスター」の異名もドネアにはトーナメント参戦への刺激になったようで、序盤からの主導権争いは激しくなりそうだ。尚弥の高速パンチに対し、ガードを固めて距離を潰し、懐に入れればドネアの流れ。一瞬も目が離せない。

 視聴率も注目される。当日のテレビ放送はフジテレビが地上波で午後7時57分から2時間。NHKもBS8Kで生放送。WOWOWでは9日午後9時から録画放送が予定されている。ビデオリサーチの視聴率データでは、ボクシング世界戦での過去最高(関東地区)は、1978年5月7日にTBSで放送された具志堅用高(協栄)のWBA世界ジュニアフライ級での43・2%(番組平均)だ。

最終更新:11/5(火) 22:10
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ