ここから本文です

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が1571万本セールスを達成、格闘ゲームの金字塔『ストリートファイターII』の公表売上を抜く

11/5(火) 18:36配信

電ファミニコゲーマー

 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の売上げが全世界1571万本を突破したことがIR情報より判明し、公表されている範囲内の家庭用ゲーム機向け『ストリートファイターII』シリーズの総売上げ1475万本を超えたことが明らかとなった。同作は格闘ゲームではなく対戦アクションゲームと銘打たれているが、海外ではIGNやDigital Trendsによって「格闘ゲームでもっとも売れたタイトルになった」とも報道されている。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は昨年12月7日に発売されたNintendo Switch用対戦ゲーム。『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの6作目となり、初のNintendo Switch用のタイトルとなる。

 本シリーズの最大の特徴は、任天堂が過去に発売したゲーム、さらには他社から発売したゲームから代表的なキャラクターが参戦して、ゲームタイトルの枠を超えて一堂に戦う点だ。さらに勝利条件が体力を奪うのではなく、ステージの外にはじき出すという特色を持っている。

 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』では、これまでの過去シリーズに登場したすべてのキャラクターが一堂に介しており、集大成的な趣がある。さらにDLCで『ペルソナ5』、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』、『バンジョー&カズーイ』、『餓狼伝説』から新たに参戦しており、ますます豪華な様相を見せている。

 一方で『ストリートファイターII』は1991年にアーケードで稼動して、爆発的な人気を得たゲームのひとつだ。なめらかなアニメーション、上下のガードシステム、当時としては異例の多数のキャラクター、現代に渡る格闘ゲームの基礎を作り、ジャンルを普及させたビデオゲーム史に残る偉大なゲームといえるだろう。

 『ストリートファイターII』はその後、スーパーファミコンへの移植を初めとして、さまざまな家庭用ゲーム機は移植されて、アーケードと同じく大ヒットを記録した。カプコンもIR情報で上位のソフトの売上げを公表しており、スーパーファミコン版『ストリートファイターII』の全世界の売上げは630万本となる。

 また『ストリートファイターII』は多数のマイナーチェンジ版が発売されており、メガドライブで発売した『ストリートファイターII ダッシュプラス』が165万本、スーパーファミコンで発売した『ストリートファイターII' TURBO』が410万本、同じくスーパーファミコンの『スーパーストリートファイターII』が200万本、海外向けでPS3とXbox 360で発売された『Super Street Fighter II Turbo HD Remix』が250万本、Nintendo Switchで発売している最新作『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』が450万本と公表されており、あわせて1475万本となる。

 もちろん、アーケードでも稼働していた『ストリートファイターII』と家庭用ゲーム機専用の『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』を単純に比較することはできない。だが、EVOなどのイベントに長年登場している対戦ゲームのフランチャイズとして、昨年末に発売したばかりの『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』が、長い歴史をもつ『ストリートファイターII』のコンシューマ版に相当する売上げを短期間で達成しているのは驚異的だ。DLC展開が待ち受ける『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のセールスは今後もさらに伸びていくと予想される。

ライター/福山幸司

ライター福山幸司85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

電ファミニコゲーマー:福山幸司

最終更新:11/5(火) 18:36
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事