ここから本文です

【インタビュー】ウィレム・デフォーと芝居の45年「役になる それこそが美しい瞬間」

11/6(水) 12:30配信

cinemacafe.net

ある人は、コワモテの犯罪捜査官や殺し屋を思い浮かべるかもしれない。ある人は、お茶目な挙動を見せる彼を思い浮かべるかもしれない。はたまた、『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』の中で優しさと無力を行き交う姿が記憶に新しい人も? ウィレム・デフォーは長いキャリアにおいて、様々な役と化してきた。

【写真】『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー撮り下ろしカット(全30枚)

目の前にいる彼は、透き通った瞳を持つ朗らかな人。『永遠の門 ゴッホの見た未来』のジュリアン・シュナーベル監督が、フィンセント・ファン・ゴッホの純粋な魂を彼に託そうとしたのも頷ける。

画家でもある監督から1対1でのレッスン
とは言え、あまりにも有名な画家ゴッホは謎めいた人物でもあり、彼に関する逸話それぞれに諸説がある。そんな人物を演じるうえで大切にしたものは何か。

「やはり、彼と絵画の関係性だね。人生の中心に、なぜ絵画があったのか。ゴッホは自分こそが絵画であると捉え、絵を描く行為に共感しきっていた。絵を描いている瞬間の彼は幸せで、完全だったんだ。気持ちが乱れたときは、自然の中で絵を描いた。様々な不安を抱えてはいたけれど、そうすることで解き放たれていたんだ」。


「演じる以上、僕自身もそうなる必要があった」と述懐。

「役に取り組むプロセスは作品によって異なる。けれど、共通点もあるんだ。それは、行動しなくてはならないということ。インスピレーションは待っていても来ない。役の原動力が何かを考え、見つけ出そうとしなければ、何も得られないだろうね」とも語る彼にとって、ゴッホになるための「行動」は、シュナーベル監督の絵画レッスンだったという。画家でもある監督から、1対1でのレッスンを受けた。

「最も重要な時間だった。それにより、物の見方が変わったんだ。すると、いままでは気づかなかったことに気づけるし、書簡などでゴッホが遺した言葉の意味が見えてきたりもする。滑稽な言い方をするなら、僕の一部がゴッホになることで、彼との対話を始められたんだ。そうなれば、あとは自分の中の彼が前に出るよう、残りの僕が背中を押せばいい。もちろん、衣装やセットなど、周りの助けも必要だ。『君こそがフィンセントだ!』というおだてもね(笑)。自分自身を置き、役になる。それこそが、僕には美しい瞬間なんだ」。



惹かれやってきた結果「役者と言ってもらえるように」
ゴッホと絵画、ウィレム・デフォーと芝居。どちらも、美しい関係で結ばれている。

「その通りだと言いたいところだけどね。ただ、少し複雑なのは、そう言ってしまうと自分を評価することになりかねない。それは決して、健全ではないように思うんだ」。


「僕は演劇学校に通い詰めて役者になったわけじゃなく、ダンサー、アーティスト、建築家らが集うグループに所属し、プロとしての道を歩み始めた。人が夢を語るとき、それがモチベーションになるのは理解できる。でも、僕の場合は『役者になりたい!』と口にするよりも、人に惹かれ、状況に惹かれてここまで来た。その結果、役者と言ってもらえるようになった」。

「とは言え、いまの僕は64歳で、かれこれ45年ほど芝居を続けてきた。なのに、芝居と美しい関係を結べていなかったら悲劇だね! こんなにも時間をかけてやってきたのに、間違った道だったとしたら最悪だ(笑)」。


失敗を恐れず「行動すること」が後の評価に繋がる
生前のゴッホは評価を得られなかった。一方、ウィレム・デフォーは愛され、尊敬されている。本作ではヴェネチア映画祭男優賞を受賞。アカデミー賞主演男優賞候補にもなった。

「いい役者になるには、いい人間にならなくてはならない。皮肉なことにね。芝居をすることは、行動すること。そして、学び、思いやり、自分の感覚に挑戦を突きつけること。それがすべてだ」と語る彼の俳優人生は、ゴッホすら羨むものかもしれない。


「生活のために役を選ぶこともあるけどね(笑)。でも、そこもやはり、“人”と“状況”。興味を持てる相手となら、挑戦を突きつけてくる相手となら飛び込む価値はあるし、それを求める俳優人生だとも思う」。

「僕は冒険が好きだ。冒険には情熱的な人、聡明な人、謎めいた人と出掛けたい。それさえ叶えば、たとえ作品が失敗しても大丈夫。興味深い体験はできたのだから。糧となるものは、進みたい道とは逆の方向にあったりもするしね。キャリアは後からついてくるものだと思う」。



映画鑑賞は「思うほど受け身の行為ではない」
もちろん、そこには大前提として映画への愛がある。

「ノスタルジックな人間だと思われたくはないけど、知らない人たちと暗い映画館で体験を分かち合うのが好きだ。映画は、スクリーンに光が当たっているだけのもの。よくよく考えると、クレイジーだと思わないかい? でも、そのクレイジーなもののために人は集まる。すごく人間的なことだ。一緒に並んで座り、3人だけかもしれないけど(笑)、考えもしなかったことに驚かされ、心を深く動かされ、忘れていたものを思い出す。それが映画の力であり、観客は体験を共有することでつながる。ただし、力の恩恵を受ける努力は観客がしなくてはならない。映画館での鑑賞は、思うほど受け身の行為ではないと思う」。


出演作にまつわるとっておきのエピソードも
お気に入りの映画を挙げてもらおうとすると、「1本に絞るのは得意じゃなくて」と申し訳なさそうな顔に。「その代わり、とっておきの話をしよう」と言い、こんなエピソードを聞かせてくれた。

「新作の『ザ・ライトハウス(原題)』が来月から全米で公開されるのだけど(※インタビュー実施は9月)、出演した理由は、映画館で上映されていた1本の作品にどうしようもなく惹かれたから。映画館の前を歩いているとき、全く知らない作品になぜか興味が湧き、翌日に戻ってきて観たんだ。それがロバート・エガースの『ウィッチ』。観終わった後、僕は『監督に会わなくては!』と思い、連絡を取り、意気投合し、一緒に作品を撮ることになった。これぞ、映画の力だね。ちょっといい話だろう?(笑)」。

最終更新:11/6(水) 12:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事