ここから本文です

【エ女王杯】ゴージャスランチ幸で一発 デットーリ騎乗停止で“ノッてる男”が導く

11/6(水) 6:00配信

デイリースポーツ

 「エリザベス女王杯・G1」(10日、京都)

 秋のG1シリーズが今週から再開し、古馬牝馬による頂上決戦で幕開けだ。勢いのある3歳馬に人気が集まりそうだが、本格化著しい4歳馬ゴージャスランチが不気味に浮上してきた。これまでは体質の弱さが足かせになっていたが、調教でも目いっぱい追えるようになり、充実の秋を迎えた。騎乗停止処分となったデットーリに代わり、鞍上は2週連続重賞Vを狙う幸に決定。警戒が必要だ。

【写真集】エリザベス女王杯 有力馬の馬体を徹底チェック

 充実の秋。力試しの条件はそろった。夏の新潟で準オープンを勝ち上がったばかりのゴージャスランチだが、その段階から秋の最大目標を、この古馬牝馬頂上決戦に定めた。関東の上がり馬なら、前哨戦の府中牝馬Sを使うのが通常だが、出走ボーダーを慎重に見極めつつ、陣営は「無理するところではない」と直行を選択。即通用する“素質”を見込んでこそのローテだ。

 鹿戸師は「脚元に不安のあった馬ですが、今はもう全然、問題ないですから。最近は折り合いもしっかりつくようになったし、ここまで(横山)典ちゃんや蛯ちゃん(蛯名)がいろいろ教えてきてくれたからね」と目を細める。

 10月30日の1週前リハは、美浦Wでパルクデラモール(4歳2勝クラス)に楽々と追走先着。それでも追いだしへの反応が多少鈍かったようで、トレーナーは「少しモタモタしていたので、ゴールを過ぎてもやった。抜かりなくやってこられました」と話し、「相手は一気に強くなるが、体調は良さそうだね」と出走態勢が整いつつあることを伝えた。

 騎乗依頼する予定だったデットーリがメルボルンCの降着で、9日間の騎乗停止処分を受けてキャンセルとなったが、すぐに幸の起用が決定。先週のみやこSで伏兵ヴェンジェンスを勝利に導いたばかりのベテランが、2週連続で波乱を演出するかもしれない。

最終更新:11/6(水) 6:49
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事