ここから本文です

JR東日本、台北にホテル出店へ ウェスティン撤退後の空きビルに/台湾

11/6(水) 19:05配信

中央社フォーカス台湾

(台北中央社)JR東日本グループは6日、台北市内に新ホテル「ホテルメトロポリタン プレミア 台北」を2021年初頭に開業すると発表した。海外初展開で、「ウェスティン台北」(台北威斯汀六福皇宮)が昨年末に閉業した後、空きビルとなっていた建物に入居する。

建物を所有する台湾の保険大手、国泰人寿と共同で会見を開いた。地下6階地上15階建てで、客室は288室を備え、レストランや宴会場、プール、スパ、ジムなどを設ける予定。JR東日本の子会社、日本ホテルの里見雅行社長は、交通部(交通省)観光局が一定の基準を満たしたホテルに与える「5つ星ホテル」の認定獲得を目指す方針を示した。

開業に向け、台湾の高級ホテルチェーンを手掛けるハワードホテルグループ(福華大飯店集団)の関連会社と合弁会社を設立する。JR東日本は、日本と台湾双方のノウハウを取り入れることで、日本からの訪台旅行客に加え、台湾人にも選ばれるホテル事業を展開するとしている。

JR東日本ホテルズは昨年11月、ハワードホテルグループと営業提携。双方の現地でのブランド力を生かし、PRを行い合うなど連携を強めている。

(余暁涵/編集:楊千慧)

最終更新:11/6(水) 19:05
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ