ここから本文です

福岡県教育委員会 中・高教師2人を盗撮で懲戒免職 その他飲酒運転とセクハラで2人を停職処分

11/6(水) 21:30配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

福岡県教育委員会は、校内などで盗撮行為を繰り返していた中学校と高校の教師2人を懲戒免職とするなど、合わせて4人を処分しました。

県教育委員会によりますと、筑豊地区の中学校に勤務する20代の男性教師は2019年9月、自宅アパートの別の部屋の脱衣所の窓に盗撮目的で小型カメラを設置したということです。

警察に対し、この教師は勤務する中学校の職員用の女子トイレに小型カメラを置き、盗撮したことも認めていて、懲戒免職となっています。

同じく懲戒免職処分を受けた筑後地区の県立高校の50代の男性教師は、校内の更衣室で女性職員が着替える様子をスマートフォンで複数回、盗撮していたということです。

このほか、飲酒運転などで2人が停職12カ月と6カ月の懲戒処分を受けています。

テレビ西日本

最終更新:11/6(水) 21:30
TNCテレビ西日本

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事