ここから本文です

<常盤貴子>ドットワンピで大人可愛く ゴールド使いで華やかに 美脚も

11/6(水) 21:50配信

毎日キレイ

 女優の常盤貴子さんが11月4日、東京・六本木で開催中の「第32回東京国際映画祭」内で行われた映画「花筐/HANAGATAMI」(2017年公開、大林宣彦監督)の上映後の舞台あいさつに登場した。常盤さんはフレア袖のドット柄ブラックワンピースを着こなした大人可愛い装いで、ミモレ丈のスカートから美脚ものぞかせていた。

【写真特集】47歳の常盤貴子 まねしたい&美脚すぎ…! この日の大人可愛い装い 全身カットも

 ゴールド×ブラックのバイカラーサンダル、ゴールドのイヤリングとネックレスで華やかにコーディネート。指先はグレー系のネイルで、真っ赤なペディキュアを合わせていた。

 映画は、大林監督のデビュー作「HOUSE/ハウス」(1977年)以前に書き上げられていた“幻の脚本”の映画化で、檀一雄さんの純文学「花筐」を原作に、戦争の時代に生きる若者たちを主軸にした青春群像劇。

最終更新:11/6(水) 21:50
毎日キレイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事