ここから本文です

【JRA】クロノジェネシス斉藤師「チャレンジャーのつもりで一生懸命頑張ります」/エリザベス女王杯共同会見

11/6(水) 19:01配信

netkeiba.com

■クロノジェネシスを管理する斉藤崇人調教師

――秋華賞を振り返ってください

斉藤 馬も落ち着きがありましたし、競馬での折り合いもピッタリでいい勝ち方をしてくれたと思います。(プラス20キロの)馬体増は成長分と減ってた体が戻った分なので全然心配していなかったですし、むしろ本当にいい馬になって帰ってきたので大丈夫でした。春と比べて体と気性面の両方が良くなりました。

――この中間の調整過程は?

斉藤 前走後は馬のダメージを確認しながらゆっくりと立ち上げました。幸い大きなダメージはなかったですし、順調にここまでこれているのが何よりです。(これまでの中で最もレース間隔が短かったことを)心配したんですけど、馬も成長していた分もあってだいぶたくましくなっているしカイバ食いも落ちなかった。ここまでは順調にこれました。

――追い切りは1週前、当週ともに北村友一騎手が騎乗しています

斉藤 先週はもう少しゆっくり入る予定だったんですけど、全体的に早くなってしまいました。先週から今週にかけて、そのへん疲れを残さないようにというのと、1回競馬を使ったことで道中の力みがある、というのをジョッキ―も言っていたのでその辺を注意しながら今週の追い切りにつなげました。

 今朝はいつものように誘導を1頭置いて、それを内から並びかけるというかんじだったんですけど。先週より力みも少なかったですし、終いも躍動感のあるいい動きだったと思うので。問題なく調整できたと思います。

 馬の体の息づかい等、体の使い方は前走より上向ているは上向いているんですけど、前回の競馬のあとにあれくらいのデキが気持ちと体のバランスがいちばんいいのかな、と思ったので。そのへんが今回、体調面が上がっている分だけに競馬にいってイレ込んだり、道中の力みにあらわれたりとか、そういうことにならなければいいな、と思いますけど。調教段階では落ち着いていますし、道中の力みも先週はありましたが今週は大丈夫でしたし。馬が賢いのでそういうことは心配しなくていいかな、と思っています。

――京都の芝・外回り2200mという点は?

斉藤 どんな競馬場でもどんなコースでも、毎回一生懸命走ってくれるのがこの馬のいいところなんで。そのへんは心配しないでジョッキ―に任せようと思っています。

――ライバル関係は?

斉藤 強い馬たちもいっぱいいるので、今回この馬がいつものように走ってくれたらそんなに差のないところにいると思っているので、また一生懸命走ってもらって結果がついてきたらいいな、と思っているんですけどね。

――最後にひとこと。

斉藤 前回まではGI馬ではなく、今回はじめてGI馬としてGIに出走します。まだチャレンジャーのつもりで一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:11/6(水) 19:19
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事