ここから本文です

「ずっと心配でした」「捨てられちゃったんでしょうか」 中川翔子、自宅周辺に住み着いた子猫の保護を報告

11/6(水) 12:28配信

ねとらぼ

 タレントの中川翔子さんが11月5日にSNSを更新。自宅の周りに住み着いていた子猫を保護したことを報告しています。しょこたんなら安心だ。

【画像】保護した猫の別角度写真

 「寒くなってきたし、道路の近くまで行ってたからずっと心配でした」と自宅周辺でよく見掛けていたという黒い子猫を保護した中川さん。動物病院で検査中であることを明かすと、「ふわふわだよ可愛いよ まだこどもだ! すごい食いしん坊だ!」と写真付きで子猫の様子を伝えており、「健康で、ありますように そして名前考えようかな?!」と早速新しい家族を迎える準備を整えているようでした。

 同日夜の投稿では、「病気なく健康でした! オスでした! 6カ月いくかいかないか、くらいみたいです」と検査結果を報告した中川さん。ゲージの中でおびえる様子を見せる子猫に「外よりあったかいし車もこないよ、大丈夫だよ」と優しい言葉をかけており、「落ち着くまで、ゆっくり慣れていってね まだこども 捨てられちゃったんでしょうか、、」と子猫の境遇を嘆くような言葉も残していました。

 ファンからは、「しょこたん本当に尊敬です」「しょこたんはやっぱり優しいです」「尊い命が助かりましたね」「この月齢では冬を越せない可能性が高いですね。保護は大正解だと思います」など中川さんの行動を称賛する声があがった他、「優しい人に保護された黒猫ちゃんは幸せ者だね!」「健康な子でよかった! 幸せにすくすく育つんだぞ」など子猫の幸せを願う声も多く届いています。

 中川さんはこれまでにも多くの保護猫を引き取っており、2012年には現在も一緒に暮らしているショコラを北海道の保健所から、2018年には母・桂子さんがプロデュースする保護猫カフェ「ミラクルキャット」からピンクちゃんを家族にお出迎え。また2013年には、長崎県の保健所から保護した猫の里親をブログで募集するなど、保護猫たちのために精力的な活動を続けています。

ねとらぼ

最終更新:11/6(水) 14:43
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事