ここから本文です

1996年日本、古代エジプト神と芸大生がアニメサークルを作る「神サー!」1巻

11/6(水) 18:16配信

コミックナタリー

上江洲誠原作による黒山メッキ「神サー!~僕と女神の芸大生活~」1巻が、11月9日に発売される。

【写真】「神サー!~僕と女神の芸大生活~」1巻帯なし(メディアギャラリー他12件)

「神サー!」は、1996年の日本で復活したエジプトの女神・バステトと、大阪芸事大学に通う1年生・浅倉水貴の出会いから始まる青春コメディ。長い眠りについている間に神力を失ったバステトは、心が豊かになる芸術に触れることで力を回復できると語り、水貴の好きなアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を観ることで力をわずかに取り戻す。廃部になったアニメサークル・MAGIを復活させたい水貴は、バステトと一緒に部員集めに奔走するが……。同作はKADOKAWAのWebマンガサイト・コミックNewtypeで連載中。

なお11月10日には、原作者・上江洲が主催で発売記念イベント「BONKLIVE増刊号 ~神サー!単行本発売記念 振り返れ90'~」が東京・新宿のロフトプラスワンで開催。上江洲が司会を務め、ゲストとして「神サー!」を描く黒山、同作の担当編集者の鳩岡桃子氏、アニメ監督の橋本裕之、同じくアニメ監督の安藤正臣、声優の緒方恵美らが出演し、マンガの舞台となっている1990年代のカルチャーについて語り合う。チケットはイープラスで販売中。会場の公式サイトでも予約を受け付けている。

■ BONKLIVE増刊号 ~神サー!単行本発売記念 振り返れ90'~
日時:2019年11月10日(日)12:00開場、13:00開演
会場:東京都 ロフトプラスワン
料金:予約・前売1000円、当日1500円(ともに飲食代別、要1オーダー500円以上)
出演:上江洲誠、橋本裕之、安藤正臣、鳩岡桃子、黒山メッキ、緒方恵美ほか

最終更新:11/6(水) 18:16
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事