ここから本文です

ホンダ「CB4X」発表 CBR650Rのエンジンを搭載した斬新なコンセプトモデル【EICMA2019】

11/6(水) 9:00配信

バイクのニュース

近未来的な装いのコンセプトモデルがホンダから登場

 ホンダは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA 2019(ミラノショー、プレスデー:11月5日・6日、一般公開:11月7日~10日)で、コンセプトモデル「CB4X」を発表しました。

ホンダのコンセプトモデル「CB4X」の画像を見る

 ホンダのヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)が製作した「CB4X」は、ロードスポーツ「CBR650R」のエンジンを搭載する一台で、クロスオーバースタイルを思わせるスポーツツーリングモデルに仕上げられています。

 デザイン面においては燃料タンクが前方に迫り出す一方、フロントカウルと一体となったアジャスタブルスクリーンによって、一体感のあるデザインを実現。最小限のラインで躍動感のあるデザインを表現し、アルミ製のサブフレームによって、短くシャープなリアデザインを実現しました。

 Honda R&D Europeは昨年も完成度の高いコンセプトモデルを出展し、話題を集めましたが、今回のコンセプトモデルが市販車にどのような影響を与えるのか、気になるところです。

バイクのニュース編集部

最終更新:11/6(水) 12:50
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事