ここから本文です

世界で一番高級なコーヒー、ゲイシャコーヒーが日本に上陸!

11/6(水) 7:03配信

LEON.JP

仕事だって趣味だって、一流を極めたくなるのが大人のオトコというものでありましょう。例えば夜遊びの最たるものを挙げるなら、麗しい芸者との宴を思い浮かべる人も多いはず。

(話は急転換しますが)では、珈琲豆の現時点での最高位は? それもまた芸者、ではなく「ゲイシャ」。これ、浮世離れしているのは名前ばかりではございません。価格だってものすごい。一般的な相場であるウン百円から遥かに高く、1杯千円は軽く越してしまいます。

そんな最高峰のコーヒーが気軽にいただけるお店「GESHARY COFFEE 」が、なんと、日比谷の地に誕生したという情報を得ました。では、「ゲイシャ」とは、そして「GESHARY COFFEE」の凄みとは? ひも解く前に申し上げておきます。一度味わうと最後、心奪われたあなたはきっと、普通のコーヒーでは満足できなくなっていることでしょう。

まずは、ゲイシャ種のきほんの「き」

コーヒー豆の最高品である「ゲイシャ」についてざっとご説明を。

気になりますよね、なぜ「ゲイシャ」なのか。それは、発祥地のエチオピア南西部にあるGESHA(ゲシャ)村に由来しているから。そこからパナマに持ち込まれたのち、パナマ・スペシャルティコーヒー協会によるベスト・オブ・パナマ(BOP)オークション 2004 にて世界に初めてお披露目されました。現在は、コスタリカやグアテマラの中米、コロンビアやボリビアの南米など各地で栽培されていますが、まだまだ希少。

各国でオークションが行われる度に最高落札金額を塗り替え、2019年の BOPでは1kg 約25万円という記録的な価格で落札されたんですって。ちなみに大手コーヒーチェーンで販売されたゲイシャ種は1杯2000円だったそう。

「GESHARY COFFEE」が出す最高のコーヒー

そんなゲイシャコーヒーを800円(税抜)という超良心的な金額で楽しめるのが、11月1日11時11分にオープンしたばかりのゲイシャコーヒー専門のカフェ「GESHARY COFFEE 」です。

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 7:03
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事