ここから本文です

やっぱりすごいよ、日本のエース。松山英樹わずか5戦でもう賞金「2億円」突破

11/6(水) 6:34配信

みんなのゴルフダイジェスト

ZOZOチャンピオンシップでのタイガー・ウッズとの“一騎打ち”も記憶に新しい日本のエース・松山英樹。PGAツアーの2019-2020シーズンはそのZOZOも含めて5試合に出場。その賞金額は……すでに“2億円超え”を果たしていた!?

ZOZOで見せた最新スウィング! 松山英樹のドライバー連続写真

数字で見る松山のすごさ

9月に幕をあけたPGAツアーの2019-2020シーズン。松山は9月末のセーフウェイオープンをシーズン初戦に選ぶも、予選落ち。続くシュライナーズホスピタル・フォー・チルドレンオープンを16位タイとまずまずの順位で終え、アジアシリーズへ。

ZOZOの前の週は韓国で行われたザ・CJカップ@ナインブリッジズで最終日に7つスコアを伸ばして3位タイ。そしてZOZOではご存知の通りのタイガーとの歴史的名勝負で日本と世界のゴルフファンを酔わせ、単独2位フィニッシュ。

直近のWGC HSBC選手権では初日「75」と出遅れるも残り3日は好スコアを並べ、とくに最終日は前半でスコアを落とすも後半「31」のチャージで終わってみれば11位タイフィニッシュ。

と、このように5戦して4試合で予選を通過し、2試合でトップ3圏内。残り2試合も10位台でフィニッシュし、今季獲得賞金額は183万2250ドル。1ドルざっくり110円で計算すると、日本円にして約2億154万円。国内男子ツアーの賞金王、今平周吾の獲得賞金が約1億604万円だから、ざっくり倍近い額をわずか5試合(うち予選落ち1試合)で稼いだことになる。

ちなみに現時点での賞金ランクは4位。年間を通して争われるポイントレースのフェデックスカップポイントは566(8位)で、これは昨シーズンの74位(ホアキン・ニーマン)のポイントと同じと、すでに楽々シード権内という数字だ。昨シーズンの獲得ポイントが21試合で969ポイントだったことからも今季の滑り出しの良さがうかがえる。

ZOZOチャンピオンシップでのプレーを見て、「やっぱり松山英樹はすごい」と再認識したゴルフファンは数多いと思われるが、数字からみてもやっぱりすごい。ワールドランキングも20位と、ジワリと順位を上げている。

次戦は国内ツアー・ダンロップフェニックスへの出場が予定される松山英樹。“世界のヒデキ”がもう1度国内で観られるというだけで、ワクワクしてしまう。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:11/6(水) 12:01
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事