ここから本文です

三谷幸喜さん名作舞台に「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大と関西ジャニーズJr.の室龍太が挑む「役者としての目標でした」

2019/11/6(水) 4:00配信

中日スポーツ

 アイドルグループ「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大(32)と、関西ジャニーズJr.の室龍太(30)が、人気脚本家・三谷幸喜さんの不朽の名作「アパッチ砦の攻防」を原作とした舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」にダブルキャストで出演することが決定した。ともに三谷作品は初挑戦となる。

 俳優の佐藤B作(70)が主宰する「劇団東京ヴォードヴィルショー」のため、三谷さんが1996年に書き下ろしたシチュエーションコメディーで、同劇団を代表する作品として受け継がれてきた名作。今作は9年半ぶりの上演となる。

 会社をつぶし、借金まみれとなった主人公・鏑木研四郎(佐藤)は、居住する高級マンションの一室を手放すが、娘のちよみから婚約者の堤を紹介すると言われ、少しだけ部屋を借りようとたくらむ。次から次へと人が集まってくる一室を舞台に、娘を悲しませたくない父親が、ウソにウソを重ねながら奮闘する姿をコミカルに描く。

 辰巳と室は、ちよみの婚約者・堤役。辰巳は来年1月9~19日の東京公演(ヒューリック東京)をはじめ、大阪、広島、福岡、北九州公演に出演。室は3月28、29日の名古屋公演(ウインクあいち)のステージに立つ。

 辰巳は「三谷幸喜さんの作品に参加することは役者としての目標のひとつでした! オリンピックイヤーの始まりを令和初のお正月をぜひ、劇場で『罪のない嘘』の笑いとともに過ごしましょう!」と呼び掛けている。

 室も「何よりもお芝居が大好きなので、今から楽しみでしかたありません」と胸を躍らせながら「とにかく素晴らしい作品になるように楽しく一生懸命お芝居に真摯(しんし)に向き合いたいと思います」とコメントを寄せた。

 第1弾として発表されたキャストはほかに鈴木杏樹、片岡鶴太郎、初演にも出演したあめくみちこら。

最終更新:2019/11/6(水) 4:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ