ここから本文です

崖っぷちガラタサライ ファルカオがマドリー戦に間に合わず

11/6(水) 6:51配信

SPORT.es

ガラタサライは、ラダメル・ファルカオがアキレス腱の負傷から回復していないため、6日(日本時間7日5:00~)にサンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリーとの一戦を欠場すると発表している。

長友フル出場のガラタサライ ファルカオのデビュー弾で今季2勝目

ファルカオは10月4日に行われたパリ・サンジェルマン戦で負傷し、現在は治療のためにスペインに滞在している。
ガラタサライのチームドクター(Yener Ince)は、クラブの公式SNS上で、ファルカオが今月11日まで治療を続けると説明している。

「PSG戦の後、彼はアキレス腱に痛みがあると伝えてきました。プレーできなかったため治療を行い、今も治療を続けています。現在プレーするには大きなリスクを伴うため、出場できる状態ではありません」とガラタサライの医師は説明している。

「担当医は12年前から彼(ファルカオ)の治療を行なっているスペイン人の医師です。我々は共に治療を行なっています。今月11日までスペインでの治療が続き、その後はイスタンブールで行う予定です」とYener Ince医師は詳細にも触れている。

同医師は、先週の金曜日に行われたスュペル・リグのリゼスポル戦で負傷したDFシェネル・オズバイラクルもレアル・マドリー戦には出場できないことを付け加えている。
「オズバイラクルは筋断裂のため、6週間程度の離脱となります」

またMFエムレ・アクババも手術を行い、1月までピッチに戻ることはできない。

CL第3節を終えた時点でグループA最下位(1分2敗)に沈むガラタサライは、マドリーに勝利しなければグループステージ敗退が決定的となる。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:11/6(水) 6:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事