ここから本文です

上福ゆき、華麗なグラビアポーズで初戴冠 DDT両国大会は本戦前から大荒れ

11/6(水) 11:02配信

AbemaTIMES

 11月3日のDDT両国国技館大会は、DDTにガンバレ☆プロレス、東京女子プロレス、BASARAのグループ全団体にフリー、海外選手と総勢82名が出場する特大ボリュームの興行となった。本戦が11試合。その前の時間帯にもアンダーマッチ3試合が組まれるDDTでは異例の試合数。しかしアンダーマッチも単なる“前座”ではなく、あくまでDDTらしいものになった。

【映像】グラビアポーズ、ロメロスペシャルで大荒れ

 アンダーマッチ第3試合はアイアンマンヘビーメタル級王座をかけた時間差入場バトルロイヤル。ここで試合前からハプニングが発生してしまう。バックステージで転んだチャンピオン・翔太の上に備品のパイプイスが倒れ、たまたま近くにいたレフェリーが3カウントを数えてフォールが成立。イスが新王者となったのだ。場所がどこであろうと、たとえ無機物であろうとチャンピオンになるのがDDT名物アイアンマン王座の特徴だ。

 チャンピオンとして花道から堂々の入場を果たしたイスは、平田一喜を関節技で攻め込むなど実力者ぶりを発揮。その後も空気人形ヨシヒコ、ゆるキャラ・ポコたんが登場して平田を苦しませる。そして次の入場者、モデル出身の上福ゆきは、リングインするとイスにまたがり見事なグラビアポーズ。観客へのアピールだったが、これが事実上の“抑え込み”となってレフェリーがカウント。上福はキャリア初のベルトをあっさり巻くことに成功した。

 とはいえアイアンマン王座だけに手放すのも実にあっさり。タッグパートナーである白川未奈も上福のベルトを狙ってバトルが勃発。さらにBASARAのSAGATが逆さ抑え込みで上福をピンフォール。ベルトはイス→上福→ウサミン星(SAGATの出身地)へと渡ることに。そのSAGATもゴージャス松野歌謡ショーの最中に敗れ、最後はその松野を下した平田がベルトを巻いて試合終了となった。

 目まぐるしすぎる闘いはさらに続き、スポンサーである総研ホールディングスの中野さんまでが平田を襲撃。これを退けた平田だったが、気が抜けない展開のままアンダーマッチが終了。とりあえず平田がチャンピオンとなったものの、今この瞬間も誰かが平田を抑え込み、レフェリーの3カウントが確認されればベルトは移動する。我々には見えないところで、両国からの闘いが続いているのである。

文・橋本宗洋

最終更新:11/6(水) 12:02
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事