ここから本文です

スズキの三本柱に動きあり! 往年の「DR750S」をモチーフにした新型「V-STROM1050」が登場!【EICMA2019】

11/6(水) 12:09配信

バイクのニュース

「KATANA」に続きスズキ渾身のニューモデル

 スズキ株式会社は、11月5日から10日までイタリア・ミラノで開催されているバイクの見本市「EICMA2019」で、全面改良した大型二輪車の新型「V-STROM(ブイストローム) 1050」「V-STROM 1050XT」を海外向けに発表しました。

「DR750S」ソックリ!?  スズキ新型「V-STROM1050」の画像を見る

 電子制御スロットルの採用や吸排気タイミングの調整により、出力を向上しながら燃費性能を維持した1037ccのエンジンを搭載する「V-STROM1050」「V-STROM 1050XT」は、欧州で2020年1月より新型の二輪車を対象に導入される新しい排ガス規制「ユーロ5」に対応するほか、出力特性を3つの中から選択可能なSDMS(スズキドライブモードセレクター)や3段階から選択可能なトラクションコントロールなど、様々な走行シーンに対応する電子制御システムS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を新たに搭載することで、長距離ツーリングに求められる使い勝手や利便性を向上させています。

 1988年に発売されたスズキ初のアドベンチャーバイク「DR750S」をモチーフにデザインしたスタイリングを、より現代風にアレンジすることで、スポーツアドベンチャーツアラーらしい力強いイメージを強調した「V-STROM1050」「V-STROM 1050XT」は、高さの調整が可能なウインドスクリーンに加え、頑強なスタイルを演出するアルミ製のテーパー形状のハンドルバーを標準装備しています。

 また、新型「V-STROM 1050XT」においては、新採用のクルーズコントロールやヒルホールドコントロールのほか、下り坂や荷重に応じてブレーキを制御する機能なども搭載。

 ワイヤースポークホイールやナックルカバーに加え、アルミ製アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド、LED式ターンシグナル、シート高調整機能、12Vアクセサリーソケットなどが新たに標準装備されています。車体色には「DR750S」をベースとした1988年のパリ・ダカール・ラリー出場マシン「DR-Z(ジータ)」を彷彿とさせる特別色「ヘリテージスペシャル」も設定されるようです。
 
 新型「V-STROM 1050」、「V-STROM 1050XT」は、浜松工場で生産し、2020年初頭より欧州、北米を中心に販売を開始する予定です。

バイクのニュース編集部

最終更新:11/6(水) 13:08
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事