ここから本文です

RIZAPグループ、ジャスダック上場『ぱど』を売却へ グループ上場会社では初の売却

11/6(水) 17:50配信

東京商工リサーチ

RIZAPGのグループ上場会社では初の売却

 RIZAPグループ(株)(TSR企業コード:295695790、新宿区、瀬戸健社長、札証アンビシャス、以下RIZAPG)は11月6日、連結子会社でフリーペーパー発行等の(株)ぱど(TSR企業コード:350657912、千代田区、小澤康二社長、JASDAQ)を売却することを明らかにした。
 
 11月6日付でRIZAPGが保有する1351万3515株(67.56%)を、投資会社(株)FUNDBOOK(TSR企業コード:025629131、港区)の畑野幸治代表が募集する株式公開買付に応募することを決定した。公開買付期間は11月7日から12月4日までで、譲渡価格は総額24億6700万円となる(1株あたり170円、子会社保有分も含む)。
 RIZAPGは2017年3月31日付で第三者割当増資及び資本業務提携を締結し、ぱどを連結子会社化していた。ぱどの2019年3月期の売上高(連結ベース)は79億9700万円だが、5億2300万円の最終赤字を計上していた。今後、ぱどは畑野氏が運営するファンドの下で経営再建を目指し、2020年1月開催の臨時取締役会で畑野氏が取締役に就任する予定。
 RIZAPGはグループの構造改革で子会社の売却や事業整理を急ぐが、今回の売却成立で売却益10億円を見込んでいる。
 なお、RIZAPGはフリーペーパーの(株)サンケイリビング新聞社(TSR企業コード:292090382、千代田区、以下サンケイリビング)も連結子会社化しているが、サンケイリビングについては「今のところ売却の予定はない」としている。

最終更新:11/7(木) 12:26
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ