ここから本文です

「前の週の日曜日」からキレキレだった! タイガー・ウッズがゴルフでストラックアウトに挑戦すると、どうなる?

11/6(水) 16:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

ZOZOチャンピオンシップで史上最多に並ぶ通算82勝目を挙げたタイガー・ウッズ。勝利を決めたのは10月28日月曜日だが、それに先立つ20日日曜日に開催されたナイキ主催のイベントで、明治大学女子ゴルフ部とストラック対決を行う一幕があった。女子大生VSタイガーの異色の対決をレポートする。

ツアー82勝!タイガー・ウッズの最新ドライバー連続写真

余興でも妥協なし! 的を外したタイガーが浮かべた勝負師の顔

運ばれてくるストラックアウトのボードを見て「面白くなりそうだね」と笑顔のタイガー。女子大生チーム、タイガーにそれぞれ1~9まで書かれたボードが用意され、持ち球11球で何枚打ち抜けるかの勝負が開催された。

先攻は女子大生チーム。狙いを真ん中の5番と宣言し、少しゆっくり目にスウィングすると、少し狙いは上にそれたが、2番のボードを打ち抜いた。ナイスショット!

続いてタイガー。「僕も合わせて5番を狙うよ」と余裕の様子。使う番手は4番アイアンだ。先程まで笑顔だったタイガーだが、アドレスに入った瞬間から表情は試合のときのそれと変わらない真剣なものに……。

集まった観客が固唾を飲んで見守るなか、鋭く振り抜いたショットは狙い通り5番のパネルを“ぶち抜いた”。ストラックアウトまでの距離は短く、女子大生はアプローチ的な打ち方を選択したのに対し、タイガーは得意ショットの“スティンガー”を思わせる締まったショットを披露。

その音、弾道、標的を射抜く迫力に観客からは大きな歓声が湧いた。

3球を終え、女子大生が2枚、タイガーが宣言通り4、5、6番と真ん中の列を打ち終えた。迎えた4球目、タイガーの狙いは真ん中上段の2番。

強く振り抜かれたショットは2番の少し上にそれた。この日初めて的を外し、悔しがるタイガー。しかし外した場所をよく見ると、なんとボードが撃ち抜かれている!

その後、それぞれ当たり外れを繰り返し、迎えたラストショット。ここまで女子大生チームは4枚。タイガーは上段・中段をすべて打ちぬいた6枚。勝ちの決まった後攻のタイガーは最後に「何番を打ち抜いて欲しい?」と女子大生に尋ねるサービス精神を発揮。リクエストに応じ7番を狙った球は惜しくも枠に当たり、リクエスト達成はならず……。

悔しがるタイガー。こんな余興に近いイベントでも、勝負は勝負。浮かべた表情からは“本気”の一端が垣間見える。

終始雰囲気は和やかだったこのイベント。しかし印象に残ったのはタイガーのターゲットを狙う鋭いまなざしと真剣な表情だった。この8日後に松山英樹との激闘を制して歴史的ツアー82勝目を挙げることになるタイガーだが、真剣勝負のはるか手前のこの段階で、その種は蒔かれていたようだ。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:11/6(水) 16:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事