ここから本文です

神奈川県のごみ排出量ランキング。最もごみが多い市町村はどこ?

11/6(水) 18:20配信

ファイナンシャルフィールド

消費税が10%になったことで、家計においては今まで以上に支出を抑えて節約していきたいところです。家計における支出項目はいろいろありますが、聖域を作らず小さな努力の積み重ねが大事です。

そこで、今回はごみ出しのコストを節約するためにごみの排出量に着目し、神奈川県の各市町村の排出量を比べてみました。

燃やすごみの処分は、横浜市は無料だが鎌倉市や箱根町は有料

昨今は燃やすごみ(可燃ごみ)でも有料で処分する自治体が増えています。そのため、ごみの量が増えればごみ指定袋の購入費が増え、ごみが減れば指定袋の購入費も減ります。神奈川県内のごみの指定袋の価格を一部調べてみました。

政令指定都市の横浜市や川崎市、相模原市等は無料ですが、鎌倉市では10リットルの袋が10枚で200円します。燃やさないごみや粗大ごみ等も費用がかかるので、毎年の家計負担は意外と大きいのではないでしょうか?

鎌倉市や箱根町は知名度がありイメージも良いですが、住民にとっては良いことばかりではなさそうです。

神奈川県内でごみの排出量が最も少ないのは座間市

環境省の一般廃棄物処理実態調査では、全国1742市町村(東京23区を除く)のごみ排出量を毎年調査しています。2017年の調査結果から、神奈川県内で1人1日当たりのごみの排出量が特に少ない市町村を10位までランキングしてみました。また、10年前(2007年)の排出量も確認し、この間の増減も計算してみました。

1人1日当たりのごみ排出量は、全国平均の920.1gに対し神奈川県の平均は858.2gしかなく、10年前と比べて16.7%も減っています。県レベルではかなりごみの減量化が進んでいるようです。

神奈川県内の市町村で最も排出量が少ないのは座間市(714.1g)で神奈川県平均を16.8%も下回っています。2番目は綾瀬市(777.6g)、3番目は寒川町(782.4g)で、政令指定都市では川崎市が834.0gで9位に入っています。

箱根町は県内断トツでごみの排出量が多い

続いて神奈川県内でごみの排出量が多い市町村を、ワースト10位までランキングしてみました。

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 18:20
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事