ここから本文です

田代まさし容疑者の出演動画、NHKが非公開に。薬物依存の苦しみを語っていた

11/6(水) 19:48配信

BuzzFeed Japan

元タレントの田代まさし容疑者が覚せい剤を所持していたとして、宮城県警は11月6日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いなどで現行犯逮捕した。田代容疑者は今年7月にNHK「バリバラ」の企画「教えて★マーシー先生」に出演し、薬物依存症に苦しんだ実体験を語っていた。この番組の模様はNHKの公式サイトやYouTubeでも公開されていた。ところが、報道各社が田代容疑者の逮捕を一斉に報道した6日午後5時過ぎ、BuzzFeed Newsが確認すると動画は非公開になった。【BuzzFeed Japan / 吉川慧】

NHK大阪広報局の広報担当者はBuzzFeed Newsに対し、動画を非公開としたことは事実と認めたが、経緯や理由については「確認中です」として、詳細な内容は現時点では答えられないと話した。

「教えて★マーシー先生」の内容は

番組の内容は、田代容疑者が薬物依存の実態を語ったり、専門家が当事者が回復できるための仕組み、適切な治療の必要性を訴えるものだった。

田代容疑者は、刑務所での日常などをコミカルに話しつつ、服役してもなお薬物を求め続けていた心境など薬物依存の実態について語っていた。

《「断(た)ってる」んじゃないんだよ、「やめさせられてる」だけなんだよ。コントロールできないのが依存症なんです。》

《捕まる度にファンをがっかりさせた、家族に心配をかけた、もう二度とやってはいけないって強い意志を持つんだよ。それでもね、目の前に(クスリを)出されたり辛いことが起きると、大切なものよりも(クスリの)魔力が勝っちゃうんだ。》

「国立精神・神経医療研究センター」の松本俊彦さん(精神科医)は、番組内で「刑務所にいても依存症は回復しない」「『気を引き締めて』『強い意志を持って』というのは無理な話」と説明。薬物依存症への適切な治療が必要であると話していた。

薬物使用の報道で過去にも放送・公開の自粛

タレントや俳優が薬物の所持・使用などの容疑で逮捕されると、テレビ局では過去の出演番組や出演予定番組の放送を自粛する例がある。

記憶に新しいのは、今年3月にミュージシャン・俳優のピエール瀧さんが麻薬取締法違反の疑いで逮捕された時のことだ。

当時、NHKはBSプレミアムで放送予定だった「ALWAYS 続・三丁目の夕日」と「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を、別の映画に差し替えた。

ただ、放映されることになったのは、「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」と「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」。

このうち「最後の聖戦」には、コカインやモルヒネを過剰摂取して死亡した俳優リバー・フェニックスが出演。当時のSNS上では、「筋が通らない」「フェニックス氏は良いのか」「判断基準がわからない」などの意見が見られた。

差し替えの理由について、当時NHKはBuzzFeed Newsの取材に「どの番組をどのように編成していくかは個別に判断しています」と答え、薬物使用問題などについては言及しなかった。

また、NHKはピエール瀧さんの逮捕翌日、NHKオンデマンドで配信されていた出演ドラマ「あまちゃん」「64(ロクヨン)」「とと姉ちゃん」「龍馬伝」などの配信停止を発表。

さらに足袋屋の店主役で出演していた大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は、ピエール瀧さんの出演シーンをカット。代役に三宅弘城さんを立てた。

こうした判断について、NHKは当時の会見で「公共放送として、反社会的な行為を容認する立場を取ることはできない」「犯罪行為を是認するような取り扱いはしないなどと定めた国内番組基準に沿って、容疑の内容や視聴者に与える影響などを総合的に判断した」と説明している。

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 23:20
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事