ここから本文です

タイ在住サッカー選手妻・中村明花さんが語る「海外保育園ならではのイベントとは?」

11/6(水) 20:00配信

magacol

サッカー選手である夫(細貝 萌選手)の移籍に伴い、タイのブリーラムという町で子育てをする中村明花さんが、子育てをつづるWEBコラム。
前回は保育園生活をスタートさせた様子について教えてくれました。今回はタイの保育園ならではのイベントについてです。

誕生日はプレゼントをもらうんじゃなく贈る?

タイの保育園ならではのイベントがあり、誕生日の過ごし方も日本とは少し違います。
娘の誕生日のときは先生に「なにか配りたいものがあれば持ってきてね」と言われて、どういうことだろう?と調べてみたら、誕生日は、誕生日を迎える人がいつもお世話になっている人に感謝の気持ちを表す日。お世話になっている方々に誕生日の人がごちそうするのが習慣だそうです。そういえば、以前住んでいたドイツもそうだったなぁと思い出しました。
それならばなにか配りたいなと思ったのですが、異国で喜ばれるものとか、子どもたちの好きなもの、考えるのがなかなか難しくて。
インスタのストーリーで質問したら、色々アイデアをいただけて本当に助かりました!アイデアをもとに、お店に行って文房具とお菓子を買って、人数分を袋に詰めて持っていきました
こういう誕生日の過ごし方も素敵ですよね♪

浴衣がなくて枕カバーで手づくり!

ナショナルDAYというのもありました。聞いてみたら、みんなそれぞれの国の衣装を着てファッションショーをするとのこと。
自分の国の衣装を着る子が多いみたいだけど、浴衣とか着物とか日本らしいものはなにも持ってきていなかったから、お気に入りのドレスでいいかななんて思っていたら、先生から「何を着るのかな?」とメールをもらい。。。
先生や娘が喜んでくれるなら、と、家にあった枕カバーで浴衣をつくってみました。(生地が家になかったんです。。。(><)しかもミシンもないので手縫い。。。)
急遽でしたがなんとか完成し、ナショナルDAY当日。
ファッションショーでは、なぜか娘がトップバッター!見守るほうもドキドキでしたが、レッドカーペットの上を手を振りながら歩いてきて、すっごく可愛かったです♪つくってよかったー!つくろうと思わせてくれた先生や娘のおかげですね。ほかの子たちもみんなすっごく可愛くて楽しい1日でした♪

タイにいるからこそ参加できるイベントや貴重な体験の数々。私にとってもいい思い出になりました。

インターナショナルDAYのとき。浴衣の仕上がりです

夫のチームメイトのTunez家族と。家族ぐるみでよく会うので子供同士も仲良しです♪

中村明花さん/1986年千葉県生まれ。Martモデルとして活躍する3歳の女の子のママ。調理免許、薬膳コーディネーター、幼児食インストラクターの資格を持ち、本誌では「中村明花さんのおかずに飽きたら“タイの知恵”」を連載中。プライベートを掲載したインスタのほか、日々の料理写真やレシピを掲載した料理アカウントも大人気!


構成/長南真理恵

最終更新:11/6(水) 20:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事