ここから本文です

台風23号 11月としては6年ぶりの猛烈な勢力

11/6(水) 10:47配信

ウェザーニュース

 11月6日(水)9時、台風23号(ハーロン)は南鳥島近海を北上しており、中心付近の最大風速が60m/sの猛烈な勢力を維持しています。猛烈な勢力まで発達するのは今年4個め、11月としては2013年の台風30号以来、6年ぶりです。

▼台風23号 11月6日(水)9時
 存在地域   南鳥島近海
 大きさ階級  //
 強さ階級   猛烈な
 移動     北 ゆっくり
 中心気圧   905 hPa
 最大風速   60 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 85 m/s

23号は日本への影響はない見込み

 台風23号は今後、進路を北から北東に変える予想です。小笠原諸島の父島方面や日本本土へ近づく可能性は低く、日本の大部分にはこの台風による影響はない見込みです。

24号はベトナムに上陸見込み

 また、昨夜発生した台風24号は南シナ海で少しずつ勢力を強めてきています。

▼台風24号 11月6日(水)9時
 存在地域   南シナ海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     ほとんど停滞
 中心気圧   994 hPa
 最大風速   20 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 30 m/s

 次第に西よりに進路を変え、来週はじめにベトナムに接近します。10月終わりの22号に続き、上陸する見込みです。

台風の発生数はほぼ平年並み

 11月に入り相次いで2個の台風が発生しています。平年11月の台風発生数は平均で2.3個のため、特別多いということはありません。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風23号の名前「ハーロン(Halong)」はベトナムが提案した名称で、ベトナム北部にある美しい湾の地名が由来です。

 台風24号の名前「ナクリー(Nakri)」はカンボジアが提案した名称で、花の名前が由来です。

ウェザーニュース

最終更新:11/6(水) 10:47
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事