ここから本文です

「一人勝ち」のPayPay、サービス開始13カ月で1920万人が登録 3カ月で2倍以上

11/6(水) 20:30配信

BCN

 スマートフォン決済サービス「PayPay」の累計登録ユーザー数が、サービス開始から13カ月で1920万人を突破した。ソフトバンクの宮内謙社長執行役員兼CEOは、「8月初頭は800万人ほどだったが、3カ月で2倍以上と爆発的に伸びてきた。一人勝ちの状況になりつつある」とコメント。ユーザーをさらに拡大して、PayPayを「スーパーアプリ」に進化させる意向を示した。



 PayPayが行った調査によると、QRコードサービスのユーザー利用意向では、PayPayがトップを独走状態。現金以外で思い浮かぶキャッシュレス決済手段としても、クレジットカード以外でトップに立っている。宮内社長は、「10月1日の消費税増税に際して実施されている2%もしくは5%の還元がある国のポイント還元事業の影響があるかもしれない」と分析する。
 

 

 月次の決済回数は、9月が4200万回だったところ、10月は8500万回と倍増。「キャンペーンを実施する際はシステムを10倍くらいにするよう、指令を出している。迷惑をかけるわけにはいかない」(宮内社長)と、キャンペーン時にアクセスが殺到してサービスが滞る事態への対策をとっていることを強調した。
 

●決済アプリから「スーパーアプリ」へ
 PayPayはキャンペーンだけでなく、機能面でも進化を続けることで、ユーザーの定着を狙う。公共料金の支払いや資金移動業のライセンス取得に伴うPayPayマネーの銀行への入金など、生活に密着するサービスに育て上げる計画だ。

 将来的には、決済アプリから「スーパーアプリ」に進化させるという。宮内社長は、「売り上げを一番大きく伸ばせる分野は、フィナンシャル。アリペイと同じ世界観で、後払いや少額ローン、保険など、マネーマネジメントサービスを追加していく。3000万、4000万までユーザー数を伸ばしたら、フィンテックに事業領域を広げていく」と展望を語る。
 

 ソフトバンクのアンケートによると、日常的な決済手段としてキャッシュレスの利用意向が現金の17%を上回る36%まで上昇している。消費増税後は、キャッシュレスへの注目度も高く、ソフトバンクとヤフーにとって、PayPayはさらに重要な存在になっていきそうだ。
 

最終更新:11/6(水) 20:30
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事