ここから本文です

最新G20型3シリーズ BMW 320dツーリング Mスポーツに試乗 ほぼ満点と呼べる

11/6(水) 9:50配信

AUTOCAR JAPAN

高い支持を得るであろう2.0Lディーゼル

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)
 
新しいBMW 3シリーズ、G20型にステーションワゴンのツーリングが登場した。今回試乗する320dツーリングは、英国のラインナップでは最有力の2.0Lディーゼルエンジンを搭載したモデル。

【写真】G20型3シリーズ (74枚)

このエンジンの良さは、既に4ドアサルーンで2019年の初めに確認済み。幅広いドライバーに支持されてしかるべきユニットだ。欧州でのディーゼルに対する風当たりは強いままだが、性能やスムーズさ、経済性は、このカテゴリーでは依然として高い訴求力を持っている。

それはより実用性に振ったツーリングでも当てはまるだろう。4人家族での週末旅行や、ホームセンターへの買い出し、時にはトレーラーの牽引にも活躍するクルマだ。

荷室の容量は先代の495Lから500Lへと、若干だが増加。大きく開くテールゲートに段差のない低い開口部、電動で折り畳めるリアシートなどを備え、利便性は良好。リアシートを完全に折りたためば、荷室容量は1510Lにまで広がる。この広さに同クラスで勝てるのは、スコダ・スパーブ・エステートくらい。

今回の試乗車は、320dツーリングのオーナーの半数以上が選択するであろう、Mスポーツ。18インチのアルミホイールに、アダプティブではないMスポーツ・サスペンションを備えている。

またxドライブということで4輪駆動。330dのようにスポーツブレーキやアクティブ・リアデファレンシャルは装備していない。

ライバルに並ぶインテリアの質感

4気筒ディーゼルターボの反応は完璧で、3シリーズの仕上がりは秀逸。ツーリング化によってやや車重は増え、サルーンの0-100km/h加速7.0秒とまではいかないが、7.4秒とまずまず鋭い。

6気筒ディーゼルの330dほど回りたがるタイプのエンジンでもないが、ストップ&ゴーの多い都市部でも、存在感は控えめ。軽いアクセル操作で積極的にクルマを進めていくタイプではない。その分燃費は良好。さほど神経質にならずとも、17.7km/Lという良好な値を示してくれた。

ツーリングの車内はサルーンと同様に現代的。インテリアの素材感も高く、ライバルと良い競争を演じている。カーボン調のプラスティックと金属とが組み合わされた雰囲気は、ウッドの存在感が強いメルセデス・ベンツCクラスよりは無難。そのぶん、アンビエントライトが心に響くような印象を残してくれる。

テクノロジーの面でも、ライバルと互角。ただし、アップル・カープレイの利用は1年目が無料だが、年次更新の会員登録が必要となる。アンドロイド・オートは未対応ながら、追って導入予定となっている。

ダッシュボードに鎮座するインフォテインメント・システムのモニターはタッチ式。iドライブのロータリースコントローラーも残っており、歓迎するドライバーも多いだろう。

インストゥルメントは、全面デジタルモニターとなったが、アウディのバーチャルコクピットほど可読性は優れていない。任意に表示変更できる情報も、燃費と運転支援、メディアの再生状況、パフォーマンス・グラフなどに限られている。

1/2ページ

最終更新:11/6(水) 9:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事