ここから本文です

【プレミア12】侍J稲葉監督、坂本への代打は「苦渋の決断」一戦必勝を期す指揮官の覚悟

11/6(水) 9:18配信

Full-Count

8回1死満塁の絶好機で、この日1番に据えた坂本に代打・山田を送る

■日本 8-4 ベネズエラ(プレミア12・5日・台湾)

 野球日本代表「侍ジャパン」は5日、台湾・桃園市の桃園国際野球場で「第2回 WBSC プレミア12」(テレビ朝日系列で放送)オープニングラウンドB組初戦ベネズエラ戦を戦い、8-4で大逆転勝利した。6回に一気に3点を奪われて試合をひっくり返されたが、2点ビハインドの8回に7つの四球と菊池の適時打、鈴木の犠飛などで大量6点を奪って大事な初戦に勝利した。

【動画】チームを救う貴重な同点タイムリー! ファンも選手も盛り上がった菊池のタイムリーの瞬間

 勝負を分けた8回の攻防。侍ジャパンの稲葉篤紀監督は、この回「苦渋の決断」を下した。チームの中心である坂本勇人内野手に対して、まさかの代打起用。試合後には、この決断に至った胸の内を語った。

 8回。先頭の浅村、続く丸が連続四球で出塁し、無死一、二塁のチャンスを作った。松田の犠打は失敗に終わったものの、會澤も四球を選んで満塁とした。点差は2点。ここで指揮官はこの日4打席ノーヒット、2三振に終わっていた坂本に代えて、代打に山田を送った。

 坂本は沖縄で行われた強化試合のカナダ戦でも2試合ノーヒットと、打撃の状態は良くなかった。台湾に来てからの3日間の練習で修正を図ってきた。そして、稲葉監督はこの日、思い切ってリードオフマンとなる1番に坂本を据えた。「経験を含めて、やってくれるだろうというのも含めて1番を決めました。やってくれると信じています」との期待が込められていた。

 それだけに、8回のビッグチャンスで坂本に代打を送るというのは勇気が必要だったはず。試合後には「苦渋の決断ではありましたけど、勇人も必ず分かってくれていると思いますし、そういうコミュニケーションを取っているつもりではありますので。そこはチームが勝つためにというところで、勇人は分かってくれていると思います」と、その心中を語った。

 この日の坂本は第1打席で空振り三振に倒れると、3回の第2打席では中飛。5回は遊ゴロ失策で出塁したものの、6回2死一、三塁のチャンスでは空振り三振に終わっていた。そこまでの打席を見ていた稲葉監督はこう感じ取ったという。

「勇人の3打席を見ていて、少しバットが下から出るというか、潜るような打席が多くて、速いストレートにどうしても空振り、ファウルになってしまっていた」と語り、そして「あそこは山田選手に賭けたというところです」とした。

 その山田は初球、左翼ポール際に、あとわずかで満塁本塁打という強烈な大飛球を放った。惜しくもファウルとなったが、その一撃が相手バッテリーに警戒心を増幅させたはず。結果的には四球を選んで、押し出しとなり1点差に。その後、菊池の適時打や鈴木の犠飛などで一気に6点を奪って試合をひっくり返した。

 短期決戦では、勝負どころの“決断”がモノを言う。8回無死一、二塁では稲葉監督は松田に犠打を命じ「選手には全員にバントの可能性があると伝えていた」とも語っていた。勝利のために“聖域”は作らない。一戦必勝、世界一を目指す稲葉監督の覚悟を感じたシーンだった。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/6(水) 10:54
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事