ここから本文です

【MLB】元中日チェンの価値は-31億円!? 米メディア酷評「史上最低のFA契約の1つ」

11/6(水) 20:30配信

Full-Count

最も“コスパ”がいいのは、ドジャースのベリンジャーで+78億円

 元中日でマーリンズのチェン・ウェイン投手が不名誉ランキングに入っている。米スポーツメディア「ブリーチャーレポート」は、各選手の今季年俸と実際の価値から“コスパ“を査定する特集を掲載。チェンは「-2880万ドル(約31億3450万円)」でMLB全体のワースト5入りし、「MLB史上最低のFA契約の1つ」との評価を受けている。

【写真集】これぞメジャー級の“美人妻”! MLB球宴前に行われたレッドカーペットの様子を特集

 記事では、ステップ1「(米データサイトの)ベースボール・リファレンスで各選手の2019年のWAR(Wins Above Replacement=様々な指標を総合し、ある選手が走攻守の全てを合わせて、どれだけ勝利に貢献したかを評価するもの)を調べる」、ステップ2「(米データサイトの)ファングラフスのバリューシステムをもとに、WAR1.0を800万ドル(約8億7000万円)として金額を算出する」、ステップ3「各選手の金額から2019年の年俸を差し引き、2019年の価値を算出する」という方法で“真の年俸”を出し、実際の年俸との差額を計算している。

 メジャー全体のワースト5は、マリナーズのフェリックス・ヘルナンデス投手(-3270万ドル=約35億5900万円)、タイガースのミゲル・カブレラ内野手(-3000万ドル=約32億6510万円)、オリオールズのクリス・デービス内野手(-2910万ドル=約31億6720万円)、メッツのヨエニス・セスペデス外野手(-2900万ドル=約31億5630万円)、マーリンズのウェイン・チェン(-2880万ドル)となった。

 チェンはマーリンズの球団内ではワースト1位。今季年俸2000万ドル(約21億7670万円)で、45試合に登板し、68回1/3を0勝1敗、防御率6.59の成績に終わった。4年間でも13勝19敗、防御率5.10と結果を残せず、来季も年俸2200万ドル(約23億9440円)の契約を残していることから、記事では「ウェイン・チェンはMLB史上最低のFA契約の1つである」と酷評している。

 一方でベスト5は、ドジャースのコーディ・ベリンジャー外野手(+7140万ドル=約77億7100万円)、アストロズのアレックス・ブレグマン内野手(+6490万ドル=約75億5330万円)、アスレチックスのマーカス・セミエン内野手(+5890万ドル=約64億1050万円)、メッツのジェイコブ・デグロム投手(+5420万ドル=約58億9900万円)、ダイヤモンドバックスのケテル・マルテ内野手(+5320万ドル=約57億9010万円)となっている。

 オフにはトレードや契約の解除の可能性が噂されているチェン。ファンからは厳しい目が向けられており、去就に注目が集まっている。

Full-Count編集部

最終更新:11/6(水) 20:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事