ここから本文です

東名あおり運転の控訴審初公判、弁護側は無罪を主張

11/6(水) 16:52配信

日刊スポーツ

東名高速であおり運転を受けて停車させられた一家4人が死傷した事件で、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(27=1審懲役18年)の控訴審の初公判が6日、東京高裁(横山芳文裁判長)が開かれ、弁護側は危険運転について無罪を主張した。

被害者家族の車の前に割り込み、減速して停車させた行為が危険運転に当たるかが争点。弁護人は数々の無罪判決を勝ち取り「刑事弁護界のレジェンド」と呼ばれる高野隆弁護士で「割り込んで停車させた行為が危険で悪質で重い刑事罰が必要なら、国会で論議し、国民に周知しなければいけない」と、犯罪の対象となる行為は法律で明記する「罪刑法定主義」に反していると主張した。公判は即日結審し、判決は12月6日。

最終更新:11/7(木) 19:59
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ