ここから本文です

BMWのフラッグシップ電動SUV、市販型は「iX5」か…巨大な曲面ディスプレイを激写

11/7(木) 8:00配信

レスポンス

BMWが『iNEXT』として開発を進めている、フラッグシップEVクロスオーバーSUV。その市販型プロトタイプをカメラが捉えた。また市販型に近いコックピットも初めて撮影に成功した。

[関連写真]

ダッシュボードの多くを占めているのは、エンターテイメントシステム、ナビゲーション、および空調コントロールを収容する曲面ディスプレイだ。新開発されたこのデジタルコックピットは、情報表示とコントローラーに分け、直感的なタッチコントロールを可能にする。そのほか、多角形の幾何学デザイン「ポリゴナル・ステアリングホイール」の市販型も装備、手動を自動運転を切り替えるのに最適な形状とされている。

また往来のギアシフターはなく、代わりに小さなスイッチコントローラーらしきものが見てとれる。ただし、市販型にどう反映されるか不明だ。

外観では、ドアノブにも注目して欲しい。テスラとメルセデスベンツでは、ドアノブが飛び出すポップアップ式を採用しているが、BMWでは内部に電子スイッチを備えた小さなタイプを採用、『4シリーズ グランクーペ』新型でも装備される予定だ。

EVパワートレインには、「eDrive」の最新バージョンを搭載。1回の充電での航続は450マイル(724km)を目指しており、0-100km/h加速は4秒というハイパフォーマンスを発揮するという。

市販型の車名は『iX5』が有力とされており、2021年に発売が期待できそうだ。



《レスポンス Spyder7編集部》

最終更新:11/7(木) 8:00
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事