ここから本文です

テリー・ギリアム悲願の「ドン・キホーテ」1月24日公開決定!

11/7(木) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 構想から約30年、9回も企画が頓挫しながらも完成にこぎつけた鬼才テリー・ギリアム監督の「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」が、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」の邦題で2020年1月24日の公開が決定、このほどポスタービジュアルがお披露目された。

 2000年にスペイン・マドリードで撮影が始まるが、撮影現場周辺を軍用戦闘機が飛び交い、あえなく中断。さらに鉄砲水に襲われ撮影機材が流出し、景色も様変わりしてしまう悲劇に見舞われる。その後も、ドン・キホーテ役のジャン・ロシュフォールが腰痛を訴え、歩行不可能になり企画が頓挫。そのほか資金繰りやキャスティング、権利関係の問題により幾度と企画が頓挫しては、再び立ち上がり、2017年に完成。第71回カンヌ国際映画祭のクロージングを飾った。

 映画は、スランプに陥ったCM監督トビーが、10年前に撮影した映画「ドン・キホーテを殺した男」でドン・キホーテ役に抜擢した老人ハビエルと再会したことで、奇怪な旅路に巻き込まれていく物語。

 過去の企画でジョニー・デップやユアン・マクレガーらが候補に挙がっていた主人公トビー役を射止めたのは、「パターソン」や「ブラック・クランズマン」「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」など話題作への出演作が続くアダム・ドライバー。自身をドン・キホーテと信じる老人ハビエル役を、TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズに出演し、テリー・ギリアムとは「未来世紀ブラジル」(85)など4度目のタッグとなるジョナサン・プライスが演じる。

 また、トビーのボスをステラン・スカルスガルド、ボスの妻でトビーを誘惑するジャッキにオルガ・キュリレンコ。そのほか、ジョアナ・リベイロ 、オスカル・ハナエダ、セルジ・ロペスら実力派ベテラン俳優から期待の若手俳優が脇を固める。

 「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」は、2020年1月24日TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

(C)2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mat ó a Don Quijote A .I.E., Tornasol SLU

最終更新:11/7(木) 10:09
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事