ここから本文です

シュート感覚を取り戻したアデトクンボがトリプル・ダブル級の活躍で4連勝に貢献

11/7(木) 18:35配信

バスケット・カウント

「まだまだレベルアップできる」

写真=Getty Images

今シーズン開幕から7試合を終えて3ポイントシュート成功率17.4%、フリースロー成功率60%とシュートに苦しんでいたバックスのヤニス・アデトクンボが、8試合目にようやくリズムをつかんだ。

11月6日に敵地でクリッパーズと対戦したバックスは、アデトクンボが7本中4本の3ポイントシュート、18本中14本のフリースローを含む38得点16リバウンド9アシストを記録し、129-124で勝利した。

アタックを警戒したクリッパーズが中の守りに集中したため、オープンな状態でロングシュートを決められたアデトクンボは「嘘は言わないよ。良い感じだった」と、試合後にコメント。

「開幕からの7試合も同じことをやっていたんだけれど、シュートが決まらなかった。8試合目にしてようやく決まってくれた。フリースローも決まってくれたしね。いつも通り、ボールを軌道に乗せようとしただけだったけど」

アデトクンボは、NBA史上6人目の3試合連続30得点15リバウンド5アシスト超え(その他5名はカリーム・アブドゥル・ジャバー、エルジン・ベイラー、ウィルト・チェンバレン、ボブ・ペティット、オスカー・ロバートソン)を達成したばかりか、NBA史上初の開幕から8試合でシーズン200得点100リバウンド50アシストに到達。

今シーズンもモンスター級のパフォーマンスを続ける彼は、試合後コートで受けたインタビューでも「まだまだレベルアップできる」と、胸を張った。

「もっと成長できるし、チームも、もっとレベルアップしないといけない。これからもハードワークを続けるだけだし、コーチングスタッフ、チームメートを信じてやっていくよ。そうすればチームも、僕個人もレベルアップできる」

この日はカワイ・レナードが休養のために欠場したとはいえ、バックスはアデトクンボ以外にも、ジョージ・ヒル(7本中6本)、エリック・ブレッドソー(8本中4本)、カイル・コーバー(7本中4本)もアウトサイドシュートを確率よく決めて勝利に貢献した。

ジャンプシュートの成功率が悪くても今シーズン7試合で20得点超えをマークしてきたアデトクンボだけに、シュートの成功率を維持できれば、さらに上のレベルに簡単に到達できそうだ。

バスケット・カウント

最終更新:11/7(木) 18:35
バスケット・カウント

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事