ここから本文です

ビヨンセ「初めて泣いたディズニー映画」『ライオン・キング』への想い語る

11/7(木) 16:30配信

cinemacafe.net

ディズニー・アニメーション史上No.1の全世界観客動員数を記録した不朽の名作が、ジョン・ファヴロー監督のもとで新たに生まれ変わった“超実写版”『ライオン・キング』。この度、MovieNEXに収録されるボーナス・コンテンツの中から、世界的スーパー・アーティスト、ビヨンセが『ライオン・キング』への想いを語る貴重な映像が解禁となった。

【画像】シンバ役ドナルド・グローヴァーとも息の合ったデュエットを披露



ビヨンセといえば、音楽界で最も権威あるグラミー賞で女性アーティスト史上最多の受賞記録を樹立するなど輝かしい経歴を持つ、まさに歌姫。シンガーソングライターとしてはもちろん、ダンサー、音楽プロデューサー、女優としても活躍するビヨンセが、シンバの幼なじみナラ役に。名曲「愛を感じて」では、シンバ役を演じたドナルド・グローヴァーとの息の合ったデュエットを披露し、アフリカの美しさを表現したという新曲「スピリット」では、壮大かつエモーショナルな歌声で多くの人々を魅了した。

ドナルド・グローヴァー「唯一怖かったのは、ビヨンセとのデュエット」

今回解禁となった映像では、「いまだに信じられない。子供の頃から大好きな作品だからね。私が初めて泣いたディズニー映画」と出演できた喜びを笑顔で話すビヨンセ。

また、ビヨンセと同様、グラミー賞受賞経験もあるシンガーソングライター、プロデューサー、俳優など多方面で活躍するエンターテイナー、ドナルドは、シンバ役を演じることに迷いはなかったが「唯一怖かったのは、ビヨンセとのデュエットだ。“本当に僕でいいの?”と思ったよ」と、彼女とのデュエットに対して畏敬の念を持って臨んでいたことを告白。


さらにジョン・ファヴロー監督は、「ナラ役を思案したが、特に歌唱の部分でビヨンセ以外考えられないと思った」と言い、10~20代からも絶大な人気を誇るビヨンセを起用したことで、(子を持つ)父親としての株も上がったと、満足げな表情を見せる。

ビヨンセの素晴らしい歌声はもちろん、知的で強いヒロイン、ナラを見事に演じた演技力にも注目しながら何度も楽しんでみてほしい。


『ライオン・キング』は11月20日(水)より先行デジタル配信開始、12月4日(水)よりMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売。

最終更新:11/7(木) 16:30
cinemacafe.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事