ここから本文です

北海道電力「活断層ではない」改めて主張 泊原発敷地内断層の再調査結果公表 原子力規制委・審査会合

11/7(木) 17:27配信

HBCニュース

北海道放送(株)

北海道電力は、泊原発再稼働に関する原子力規制委員会の審査会合で敷地内の断層についての再調査の結果を明らかにし、改めて、断層は「活断層ではない」との認識を表明しました。

7日に開かれた審査会合で、北電は5月から行ってきたボーリング調査などの内容を明らかにし、焦点となっていた1号機近くの「F1断層」について、改めて「活断層ではない」と結論づけました。

「重要なデータが出てきたと考えている」(原子力規制委・石渡明委員)

北電の主張について規制委員会は、7日は評価を保留し、今月15日に現地調査を行った上で議論したいとしています。
北電の主張が認められれば、泊原発の再稼働に一歩近づくことになります。

北海道放送(株)

最終更新:11/7(木) 17:27
HBCニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ