ここから本文です

“うたのお兄さん”横山だいすけ、付き合って「数ヶ月」一般女性と電撃婚

11/7(木) 7:00配信

サンケイスポーツ

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の「うたのお兄さん」で知られるタレント、横山だいすけ(36)が6日、公式サイトで結婚したことを電撃発表した。

 横山は「本日11月6日婚姻届を提出しました」と報告。相手は一般人と明かし、「お付き合いは数ヶ月ですが、どんな時も、この人とだったら幸せな家庭を築けると思い、結婚の運びとなりました」と経緯を説明。

 歴代最長となる9年務めた「うたのお兄さん」時代を振り返り、「その間、沢山の家族の笑顔に出会いました。自分自身もいつか笑顔溢れる家庭を築きたい!という夢を持ち続け、今日ここに結婚のご報告ができますこと幸せいっぱいです」と喜びを爆発させた。

 前日5日は東京都内で行われた子供向け映画の祭典「キネコ国際映画祭」のクロージングセレモニーに出席。出演後に更新したブログでは「子供・家族のための映画祭が今年も大盛況で幕を閉じ嬉しかったです♪」とつづっていた。

 横山は劇団四季を経て、2008年に第11代目うたのお兄さんに就任。“だいすけお兄さん”の愛称で子供たちのみならず、20代後半から30代のママ世代に絶大な人気を誇り、17年に卒業した。その後は俳優や歌手として活躍してきた。

 また、同番組歴代最長となる「体操のお兄さん」を14年間務め、3月に卒業した“よしひさ兄さん”こと小林よしひさ(38)が4月放送のテレビ番組で16年に結婚し、18年12月に長女が誕生していたことを明かし、話題になった。

最終更新:11/7(木) 7:57
サンケイスポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事