ここから本文です

妻の“不貞”に嫉妬した男が108人の女性と浮気 映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」

11/7(木) 16:56配信

夕刊フジ

 【エンタなう】

 劇団「大人計画」の松尾スズキが監督、脚本、主演を務めるエッチなコメディー映画「108~海馬五郎の復讐と冒険~」(公開中)。美人妻の“不貞”に嫉妬して、浮気しまくりながら復讐を図る。R18指定とあって、いろんなタイプの女性と組んずほぐれつ。ほとんどポルノと見まごうが、笑いまくったあげく、じんわり哀しみが襲ってきた。

 愛妻家を自認する55歳の売れっ子劇作家、海馬五郎。ある日、元女優の妻が、若いコンテンポラリーダンサーに惚れ込み、その恋心をフェイスブックで日記のように綴っていることを知って嫉妬に狂う。

 妻は、ダンサーの全国公演の“追っかけ”で家を空けた。もし離婚して財産分与となれば、預貯金のうち1000万円もぶんどられると知り、108人の女性とヤって使い切ることを思い立つ。風俗、出会い系にSMプレー…決して女性蔑視ではなく、女性のプロっぽさが目立ち、現役として最後の奮闘を見せる男のドタバタぶりが滑稽だ。

 夫の妄想の中にいる妻役の中山美穂は、振り切った演技。悶絶する表情に熟した色気が漂う。

 クライマックスの男女50人による“ローションプレー”は見もの。松尾がまさに体を張って全裸でダイビングする姿が、清々しい。男と生まれたからには、こんな夢もありかもしれないが、その末路が切なすぎる。

 星野源が歌うエンディングで、松尾が書いた詞に、男が思う女の幻想が凝縮されている。(中本裕己)

最終更新:11/7(木) 16:56
夕刊フジ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事