ここから本文です

【ボクシング】井上尚弥がドネアと流血の大激闘、11Rに井上が渾身のボディでダウン奪いWBSS制覇

2019/11/7(木) 23:49配信

イーファイト

 日本が世界に誇る「怪物」が憧れの男との試合で最大のピンチを経験し、そして乗り越えた。「100年後まで語り継がれる一戦」として、11月7日(木)、さいたまスーパーアリーナで行われたWBSSバンタム級決勝では、井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を3-0の判定で破り、トーナメント優勝を果たした。

【フォト】11R、井上の渾身の左ボディがヒット

 初回、冷静に相手を分析するように見合った状態から、相打ち気味で左フックを当てたのも井上。そこから両者はヒートアップして打撃戦を展開するが、井上がパワーで明らかに上回り、左フックが当たりまくる。ドネアの反撃は軽く感じた。

 今回も井上にとってイージーな決着も見えかけたが、この直後、ドネアの左フックで井上が表情を歪めると、このパンチで右目尻から出血も被る。これで3回から形勢が逆転し、ドネアの攻撃が有効性を増していった中では、井上は鼻からも出血を見せた。

 4回の井上は左をコツコツ当ててリセットを心掛けるが、ドネアの的中率が左右のパンチとも上がったまま。  

 5回はようやく一進一退まで戻したが、それでもややドネアか…と思われた終盤、井上の右ストレートが炸裂し、ドネアは思わず膝を落としかけた。KOを逃した後の6回は静かなスタートだったが、形勢が井上有利に変わる中での高度な攻防が続く。7回も互いに右ストレートを狙い合うが、井上のほうが上。だが8回、ドネアの右ストレートを2度もらうと井上の出血は悪化した。さらに9回、ドネアの右ストレートで井上が思わずグラつき、クリンチでしのいだ。

 10回も激闘が続いて、11回、井上の左ボディブローでドネアがダウン。このままテンカウントを聞きそうな様子でもあったが、ドネアは立ち上がってこの回をしのいだ。最終12回はかぶせるような右を打つ井上に対し、フラつくドネアがラッシュをしかけ、名試合が終わった。採点では114-113、117-109、116-111で井上が支持された。

最終更新:2019/11/7(木) 23:49
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ